京都国立博物館・展覧会・イベント

2014年9月に京都国立博物館の平常展示館が、「平成知新館」と命名され開館してからほぼ10ヶ月。数回足をはこんだ。だいたいは、特別展示のついでに寄るという感じだが、京博の年間パスポートを利用すれば、「平成知新館」は無料で入館できるので、知新館の展示だけを観にいったこともある。 収蔵品は日本屈指なので、いついっても驚くほどすばらしい美術品、工芸品に出会うことができる。また、以前の平常展示館(新館とよばれていた)で観た作品も、まわりの環境がかわってあらたな表情をみせてくれる。以前の観では白っぽい壁だったので、なんとなく無愛想な感じだった展示品も、知新館のダークなインテリアの中では、落ち着いた光をはなっている。新らたに本格的なレストランも併設されたので、これからも再々利用したい。
By tokiho50代女性
2015/7掲載


京都国立博物館平成知新館関連ページ

水の中の不思議な印 Satokoの訪問記 (京都国立博物館)
右に昔ながらの博物館らしい建物が一つと正面に近代的な建物が一つ。目的の企画展示は、正面の建物で行われていたので広い中庭
お散歩しながら
お散歩しながら 京都国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と管理人の個人的な感想
閻魔大王との出会い (京都国立博物館)
閻魔大王5人組の木像が、前後2列で座っていました。まるで裁判中のような振る舞いでした。罪状を読みあげる巻物。板に書きつける筆の動き。その躍動感と緊張感
桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち 京都国立博物館
金箔をおし、そこに色とりどりの絵の具を使い、安土桃山時代から江戸初期までの風俗画が数多く、展示されて 京都国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と管理人の個人的な感想
南山城の古寺巡礼
京都国立博物館の南山城の古寺巡礼に関する情報と管理人の個人的な感想
魅惑の清朝陶磁
京都国立博物館の展覧会、魅惑の清朝陶磁
「国宝 鳥獣戯画と高山寺」
「国宝 鳥獣戯画と高山寺」 京都国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と管理人の個人的な感想
桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち 京都国立博物館
「狩野派」伝の作品は数多くありますし、各地に点在もしているので何度も目にしていますが、時代と政により、こうも分化され活きていたのかと、 京都国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と管理人の個人的な感想
特集陳列で見た坂本竜馬の手紙 京都国立博物館
筆まめだったらしい龍馬の手紙が並んでおり、有名なおりょうとの新婚旅行の様子が書かれた手紙もあり 京都国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と管理人の個人的な感想
「刀剣を楽しむ」を楽しむ (京都国立博物館 平成知新館名品ギャラリー)
入場時点で一時間待ち、刀剣が並ぶ展示場までは300分まちでした。間近でなくとも一目見ることが出来たら良かったので、列を抜けて自由観覧スペースへ。
特別展禅展 (京都国立博物館)
最近、禅は、外国の方が、興味をもって観に行てくれる方が、たくさんいます。心をかたちに見て感じる禅問答ということで1日3回の
開館120周年記念 特別展覧会 海北友松展 (京都国立博物館 京都府京都市)
京都国立博物館、開館120周年を記念しての展覧会です。狩野永徳や長谷川等伯に比べると、今一つ知名度では劣るかもしれませんが、その画力・画業においては一