京都水族館・展覧会・イベント

友人と二人で見に行きました。エリアは二部屋ほどの大きさ、暗室に10種類ほどのクラゲがライトアップされ展示されています。中は親子連れとカップルが半々。壁には舞い落ちる雪の映像が、床には水面のような映像が映し出され、クラゲが宙に浮いているようで幻想的。「インタラクティブアート」というだけあって、自分の足に合わせて床の模様も変化する(例えば、歩くと波面が広がったりします)ので、遊びに来ていた子供たちは大変はしゃいでいました。ほとんどの大人は眺めているだけでしたが、十分楽しめました。また、館内はクラゲの展示に合わせてか、「クラゲまん」「雪とクラゲのホワイトパフェ」といったクラゲスイーツも販売されていました。見た目が可愛らしいのに惹かれてホワイトパフェを注文。味、量ともに満足できるもので、女性におすすめです。「雪とクラゲ」は、2015年12月26日(土)〜2016年3月23日(水)で開催の予定です。
By なな20代女性 掲載2016/3


冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』 (京都水族館)関連ページ

京都駅からバスで5分のところに水族館が! (京都水族館)
大きな期待はしていなかったものの、日本の他の水族館とちゃんと差別化されていて、大規模な水族館より動物たちが身近に感じられます。また、イルカショーもやっており、
オオサンショウウオ (京都水族館)
夫と京都水族館へ出かけた。友人の勤め先が運営に関わっていると聞き、以前から興味があったのだ。入ってすぐの所にある、「京の川」というコーナーで、
アクアリウム・ファンタジー〜いのちのかがやき〜 京都水族館
水族館内の大水槽をバックに、プロジェクションマッピングが投影され、映像と音声が大迫力で迫ってきて、 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
娘と初めての水族館 京都水族館
京都水族館はベビーカーでも観覧しやすいように、バリアフリーになっていてとても助かりました。一番印象に残っているのは「イルカショー」で 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
全体的に距離が近く 京都水族館
すぐに天然記念物のサンショウウオがいるのですが、他の水族館では見た事がないので最初なかなか気付くことが出来ません 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
可愛いすいぞくパン♪京都水族館
ここの名物に「すいぞくパン」という、カメやオオサンショウウオの形の可愛いパンがあったので皆で購入 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
イルカLIVE きいて音 京都水族館
だけではなく京都に住む淡水魚やサンショウウオ、その他、オットセイやペンギンなど見ていて楽しい水に生きる動物もかわいらしく見ていて飽きなかったです。ただ、2014年4月26日から始まった「イルカLIVE きいて音(ネ)」は始まったばかりということもあってか、 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
オススメなのが、イルカショー 京都市水族館
京都ならではのオオサンショウウオや、その他京都らしい展示がされていて、独特 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
ペンギンに会いたい
孫たちを連れてペンギンに会いに行こうということになり行ってきました。京都駅中央から子供連れは少し遠く感じました。徒歩15分と聞いていましたが 京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
京都市水族館での体験 感想 柴犬 30代 女性
京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
京都水族館での体験 感想 R 30代 女性
京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
京都水族館での体験 感想 CHIHIROKI 20代 男性
京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
京都水族館での体験 感想 ゆうい 20代 女性
京都水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
季節によって桜や蛍を(京都水族館 京都府)
京都水族館では季節によって、桜や蛍を用いた展示をしていたりして何度も行く楽しみがあります。先日行ったときには、
イルカと一緒に歌うイルカショー(京都水族館)
ストローを短くして切り込みを入れたものを渡され、合図があったら吹くようにと言われました。果たしてこれで音が出るものかしらと
内陸地で見られる海模様、京都水族館が楽しい
なんと言ってもイルカショーが楽しめるプールの背後が大きく開いており、そこから京都の街を眺めながらイルカとコラボレーションした世界が楽しめる