三重県立美術館

三重県立美術館

三重県立美術館

住所・所在地

〒514-0007 三重県津市大谷町11番地 

電話番号

059-227-2100

開館時間

9:30〜17:00

休館日

月曜日(祝日にあたる場合は開館、翌日休館)
年末年始・メンテナンス休館あり

料金

企画展・常設展は異なります

駐車場

あり130台

交通アクセス

伊勢自動車道津インターチェンジから15分

電車・バス

JR津駅西口から徒歩10分

 

 

URL

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

 


三重県立美術館記事一覧

その時、初めてのデートで、全く興味のない美術館を提案し彼とデートしたときのことです。確か女流のお椀を作っている美術家の展覧会がやっていました。その女流の作品が年代ごとに並んで展示してあり、その一つ一つにコメントをしながら彼とデートをしていました。その展覧会の入り口に作家のプロフィールのようなものがあり、通った時にちらっと「海外へ器の勉強のために行った」というような内容が目に入っていた私は、すっかり...

「空飛ぶ美術館」というタイトルで、企画展が行われていて、空や鳥、飛行機や飛行船などの作品が展示されていました。人は、イカロスの時代から自ら飛ぶことを追及せざるを得ないのでしょうか。日本の天女の絵も見ることができました。「オワーズ河」の夏の朝は、田舎の水辺の町に船が浮かび、小鳥がいて、河で洗濯をする2人の人がいて、静かな朝の情景が描かれています。「ベルクの海岸」は、何といっても空が広く大きく書かれて...

美術館のコレクション―2015年度第1期展示は、「海」がテーマです。藤島武二の「大王崎に打ち寄せる怒涛」は崖の上から見た白い波しぶきの濃さが印象的で、雨が上がったところなのか、海の色は混濁しています。野口弥太郎の「二見ヶ浦」は、私も行ったことのある場所で、夫婦岩を観光客が見ている様子が描かれています。小林和作の「志摩御座」は海辺の切り立った岩山の複雑な地形を確実に捉えています。海の色が鮮やかなブル...