三重県立美術館

初デートでの知ったかで赤っ恥 三重県立美術館

その時、初めてのデートで、全く興味のない美術館を提案し彼とデートしたときのことです。確か女流のお椀を作っている美術家の展覧会がやっていました。その女流の作品が年代ごとに並んで展示してあり、その一つ一つにコメントをしながら彼とデートをしていました。その展覧会の入り口に作家のプロフィールのようなものがあり、通った時にちらっと「海外へ器の勉強のために行った」というような内容が目に入っていた私は、すっかりその気になり彼にその情報を話し、「あ!きっとここから(海外へ行ったん)だよ!そんな雰囲気のお椀だよ。今までとはちょっとテイストが違うよね。」など話していました。そして、その展覧会を出たところで彼が一言「○○ちゃん。あのね、作家さんが海外へいったのは○○年で、さっき○○ちゃんがどや顔で指摘してたあのお椀は、完全に日本で作られてるものだよ。面白くてずっと聞いちゃった。」と…。年下の彼に、博識で感性のある年上女を演じていたことがばれた私は本当に笑うしかありませんでした…。
Byまぐろかん(30代女性)記事公開:2015/2


初デートでの知ったかで赤っ恥 三重県立美術館関連ページ

空飛ぶ美術館 三重県立美術館
空や鳥、飛行機や飛行船などの作品が展示されていました。人は、イカロスの時代から自ら飛ぶことを追及せざるを得ないのでしょうか。 三重県津市の三重県立美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど
美術館のコレクション ―2015年度第1期展示
2015年度第1期展示は、「海」がテーマです。藤島武二の「大王崎に打ち寄せる怒涛」は崖の上から見た白い波しぶきの濃さが印象的で、 三重県津市の三重県立美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど