仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館は2015年7月開園した新しい水族館で、ぜひ足を運んで見たいと思い、行ってみました。中には300種、5万点の生き物が展示され、メインとなる巨大水槽"いのちきらめくうみ"は無数のマイワシの群れをはじめとして、東北の海を切り抜いたような多種多様な生物が集まる迫力の大水槽でした。それ以外にも、宮城名産のホヤの養殖の様子を水槽の底から覗いてみたり、海獣広場でオタリアやフンボルトペンギンに直接触ってみたりと、趣向が込んだ水族館でした。また、イロワケイルカと言う、白と黒のパンダのようなイルカがいて、日本では3つの水族館でしか飼育されていない希少種もいます。最後に、イルカ&アシカショーは、イルカのショー&アシカとイルカの連携パフォーマンスが見れて貴重でした。ぜひもう一度訪れたいと思える水族館でした。
By キクリン (30代男性 )
掲載:2016/8


ぜひもう一度 (仙台うみの杜水族館 宮城県仙台市)関連ページ

雨の日だったけど濡れることなく (仙台うみの杜水族館)
入場してすぐに大きな水槽がお出迎えです。子供達はしばらく張り付いて離れませんでした。そして何といっても驚くのがイルカショーのプールで
年間パスポートが超おトク (仙台うみの杜水族館)
近は大混雑も落ち着き、比較的スムーズにチケットを購入できます。とは言え、土日ともなるとやはり、多少の混雑の覚悟は必要で
新たなる水族館 仙台うみの杜水族館
新しく出来上がる水族館には昔の松島水族館にはなかったイルカショーがあるようです。家族みんなで楽しみにしており昔わたしが水族館を家族で遊びに訪れたように 宮城県の仙台うみの杜水族館、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想