宮城県美術館

作家別の企画展は好きな作家さんのが催されるとみにいくことはありましたが、時代展のような企画展は初めてみに行きました。行ってみると、様々な作家さんがそれぞれの表現方法で描いた作品がたくさん展示されており、絵を眺めているだけでその当時の人々の生きる雰囲気を感じることができました。また、それぞれの作家さんの経歴や当時の状況が書かれた展示説明を読みながら絵を眺めるとその時代にタイムスリップしたような感覚になりより切ない気持ちになったり、優しい気持ちになりました。私はあまりクローズアップはされていませんでしたが、松本竣介作「有楽町駅附近」(1936年)や相田直彦作「都会の昼時」(1933年)が特に印象に残りました。
By tukino(30代女性) 2015/6掲載


TOHOKU/TOKYO 1925〜1945 東北の画家たち 宮城県美術館関連ページ

特別展「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」 (宮城県美術館 宮城県仙台市青葉区)
野ネズミ「ぐりとぐら」が誕生して50周年、ということで全国にて開催された「ぐりとぐら」展の最終展示が、2016年7月16日から宮城県美術館で開催され
フェルメール展 宮城県美術館
ェルメール展に行ったのは母の付き添いででした。絵画への興味も薄くフェルメールが有名な画家である認識もありませんでしたが 宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
「宮城県高校美術展 宮城県美術館
何と言っても、毎年1月に開催される「宮城県高校美術展」です。作品のレベルは色々ですが、油彩、水彩、版画、立体、映像など宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
円空展 宮城県立美術館
展覧会は仏師であった円空さんが生涯に作っていた木彫りの仏様がを沢山展示してあり 宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
ゴッホひまわり展 宮城県美術館
損保ジャパン東郷青児美術館蔵のひまわりの展示がメインで 宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
緑豊かで川のせせらぎ 宮城県美術館の口コミ・評判 もわもわ(20代女性)
奥の庭は、緑豊かで川のせせらぎの聞こえる素敵なスペースになっています。展示を見た後には、地元で有名なカフェが併設されているのでぜひティータイム 宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
併設しているオシャレなカフェ 宮城県美術館
併設しているオシャレなカフェも立ち寄りが楽しみなのですがいつも混んでいるため 宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
ゴッホのひまわり展
宮城県美術館の展覧会、ゴッホのひまわり展。交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
東日本大震災復興支援 特別公開 ゴッホのひまわり展
東日本大震災復興支援 特別公開 ゴッホのひまわり展 彼女に誘われてゴッホのひまわり展に行ってきました。僕は絵画には興味がないのですが、宮城県美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
東北三都市巡回展 ルーヴル美術館からのメッセージ (宮城県美術館)
まだ傷が癒えきっていない2012年に迅速にこの展示が開催されました。良く地震があったところへ大事な所蔵品を送るものだなと思いました。
ポーラ美術館コレクションモネからピカソ、シャガールへ (宮城県美術館)
展示は5部構成。1.印象派の誕生:モネとルノワール 2.印象派を越えて:セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン 3.象徴主義と新印象派:ルドン、シャニック、クロス 4.20世紀の前衛