東北歴史博物館・展覧会

国立科学博物館で開催されていた「医は仁術」が、東北歴史資料館でも見られるということで見に行ってきました。ここ以外では、長崎しか回らないようです。平日の午後に行きましたが、人はまばらでした。毎日13:30から、資料館の学芸員さんが解説をしながら回ってくれるようで、その直後だったからかもしれません。最後の方に、少しだけ学芸員さんの話が聞こえましたが、わかりやすく、またとても楽しそうだったので惜しいことをしました。展示物は貴重なものばかりだったと思います。日本の医療の始まりから、どうやって発展していったかが、わかりやすく説明してあります。やはり、解体新書や華岡式手術道具は見入ってしまいました。東北大学が所有しているもので、仙台でしか展示されないものも多かったです。TBSドラマの「JIN」を見ていたので、何だか聞いたことのある名前がたくさんあったので、それも楽しかったです。会場全体もドラマの雰囲気が感じられる造りになっていました。音声ガイドは大沢たかおさんで、別料金ですがレンタルをおすすめします。思った以上にぎっしりとした内容だったので、時間があっという間でした。
thousa(30代女性) 2015/5 掲載


特別展「医は仁術」東北歴史博物館関連ページ

夏季特別展、「家電の時代」
宮城県の東北歴史博物館の夏季特別展、「家電の時代」。、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想