黒姫童話館

黒姫童話館は松谷みよ子やミヒャエル・エンデに関連する収蔵品を中心に、世界各国の童話や絵本、信州の昔話や民話に関する展示を行っています。私はミヒャエル・エンデの大ファンであり、8月のエンデの命日に合わせて黒姫童話館を訪れました。最寄りの黒姫駅から童話館までのアクセスは少々不便だったのですが、居合わせた方々とタクシーを相乗りし、童話や絵本についてお話ししたこともよい経験となりました。童話館にはエンデの幼少期の成績表や『モモ』の挿絵の原画、彼の亀の置物のコレクションといった生前のエンデの私物が展示されており、エンデファンとしては彼の創作背景などをうかがい知ることができる大変楽しい内容となっていました。また、エンデ展示室の入り口が鏡の迷路のようになっているところなど随所にエンデらしさを感じる展示で、童話館の方々のエンデへの愛が伝わってくるように感じました。
tsuka (20代女性) NOV 2016