ハウステンボス美術館

佐世保市のハウステンボス美術館で現在開催中の「レンブラント大リ・クリエイト展」(会期 2016/10/1 〜 12/5)では349点ものレンブラント作品が見られると言うことで、是非行ってみたいと思っている。〈リ・クリエイト〉と銘打つように作品は本物ではなく、最新のデジタル技術により新たに創られ、原寸大で印刷された物の展示であるらしい。レンブラントの作品とされる約1000点の真贋を再調査する為に1968年オランダで立ち上げられたレンブラントリサーチプロジェクトにより、本人の真作と認定された349点を、制作当時の色調やサイズで復元したと言うことである。「夜警」や自画像など良く知られた作品の他、肖像画作品ではあえて顔の輪郭をシンプルに加工して展示していると言うことで、どこまでの加工・復元が作品の再創造として成り立っているのか、確かめてみたい。
zujf(50代女性) NOV 2016