聖コルベ記念館

聖コルベ記念館
長崎市本河内2−2−1

 

※ グラバー邸の近くの聖コルベ館とは別

 

 

Satokoの訪問記 2019/8
二十六聖人記念館にて、長崎とキリスト教に関する施設について聞いてみた所、教えていただいたのがこちらの施設です。山間に張り付くように立つカトリック本河内教会の後ろの聖母の騎士修道に併設している資料館で地図には未記載場所でした。コルベ神父のアウシュヴィッツでのエピソードは知っていましたが、長崎へ宣教しに来ていた事は知りませんでした。資料館で展示されていた物で印象的だったのが、ラテン語と日本語が併記されたミサ式次第です。近代になってミサは原則として、母語で行われますが、外国から日本へ来た神父さんは日本語で行ってくれるのでずっと不思議に思っていました。この式次第ならばラテン語と、集まった会衆へ呼びかける日本語を照らし合わせる事ができるので、日本へ派遣されてすぐの神父さんでも、日本語でのミサができるなと思いました。