長崎県美術館

北欧デザイン・北欧雑貨は私たちの生活の中でもすっかり身近な物になった。長崎県美術館でもフィンランド展、レゴブロック展などここ数年で北欧関連の企画展が何度か開かれているが、今回の企画展はその中でもデンマーク家具や食器に注目したデザイン展である。ロイヤルコペンハーゲンからハンスウェグナー、レゴブロックまで 日本でも馴染みのある物が多く展示されていた。機能的でありながら素材の暖かさを感じさせたり、シンプルな形でもカラフルな色であったり、日本人が昔から好んで来た家具や着物などとの共通点を多く感じた。ハンスウェグナーの椅子に実際に座ることができるコーナーもあり、細かな組み木で作られた部分を触ったり、座り心地を実際に体験できる。なお2017年2月12日(日)まで開催されている。
zujf (50代女性)Feb 2017


「デンマーク・デザイン」 を訪ねて (長崎県美術館)関連ページ

企画展 新宮晋の宇宙船 (長崎県美術館)
「動く彫刻」と言うパンフレットの言葉に引かれて立ち寄ってみた。土曜日の午後にしては館内は空いており、ネームバリューの低い作家は地方の美術館ではやはり難しいのかと
木梨憲武展 長崎県美術館
木梨憲武展の前売り券は購入しています。もともと、とんねるず世代なので、大好きなんです。テレビで展覧会があることは知っていましたが、長崎で行われることが嬉しいですね 長崎県美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミ、評判を掲載
ふたつの美術館を同時に鑑賞 夢の美術館 −めぐりあう名画たち− (長崎県美術館)
北九州市立美術館と福岡市立美術館が、現在共に改装工事で長期休館中の為、両館の所蔵品が同時に見られる珍しい企画展