奈良国立博物館

正倉院展、はじめに。

関東住まいにはいささか遠い奈良博。けれど正倉院宝物は東で手をこまねいているだけでは、逆立ちしても見られない。日曜美術館の特集番組だけじゃなくて、本物をこの目で見たいと思い始めたのはいつ頃だったか定かではありませんが、白瑠璃の椀か蘭奢待が出品された頃にはすでにほぼ毎年のように見に行くようになっていました。一部修復の入っているものもありますが、千年以上前のものがこんなに良好な状態で残されているのは本当に奇跡に近いと思います。それはこれらがすべて「宝物」として扱われてきたからにほかなりません。もちろん保管場所たる正倉院や、その保管方法などいくつもの条件が重なっているとは思いますが、いつもその保存状態の良さには驚かされます。そして、これらの宝物をずっと大切に伝えてきたいう事そのものに、価値を感じずにはいられません。

 

1 漆胡瓶

 入場チケットの柄にもなっている、今回の正倉院展の目玉、ペルシャ風の水差し。実物は想像より少し大きく、きっと両手で持っていた、もしくは片方の手は胴体を支えていたのかなと思えるような手にちょうどよい丸みでした。近くで見るまでは考えていなかったのですが、蓋の頂点から鎖が取っ手に通してあって、取っ手と一緒に鎖を握ると蓋が開く仕組みになっていて、これなら蓋の開閉に手を添える必要がない、なんてシンプルで機能的なんだろうと驚きました。また、模様も取っ手や台座の縁の幾何学的な四つ葉と、胴体から注ぎ口に掛けてランダムに彫られた動植物のもとても鮮明で、鳥も飛んでいたり、虫をくわえていたり、鹿は二匹仲良く並んで走っていたり、休んでいたりと、色彩が落ち着いている分、あしらわれた模様を楽しむことができました。

 

2 染物二種、縹地唐草花鳥文夾纈?と赤紫臈纈?几褥

 色の鮮やかさに何より驚くこの二枚。縹地端切れに関しては、布そのものは断片ゆえに劣化しているものの、染の模様もパターンを描く草花の色も、ポイントになっている鳥のも綺麗に濃い緑と赤色で残されています。この鳥ですが、よく見ると、足に水掻きとぽっちゃりとした体形で、どちらかというと水鳥を思わせます。もう一枚は、深い臙脂にも見える赤紫のに波の文様と水鳥と魚の組み合わせ。こちらはいわゆる水に浮かぶ鳥の形をしているのですぐに水鳥だとわかります、列をなして泳いでいますがその中の一匹が後ろを振り返っているあたりに遊び心を感じます。また魚は、文様としてエラ、胸鰭、背鰭、腹鰭そして尾がきちんとリアルになりすぎないデフォルメに落とし込んであるあたりに、この布をはるか昔デザインした人のセンスが伺える品でした。

 

3 二枚の布作面

 木彫りの面はいくつか見たことがありましたが、このように白い布に人の顔を描いただけの面というのは初めて見ました。立体のものとは違って、そのシンプルさはもちろん、平面ゆえに、そこに描かれている顔をきちんと見ることができます。どちらも立派な上髭と顎鬚を蓄えていて、正方形の方は二重瞼と重量感のある鼻、いわゆる絵巻もので見ていたような典型的な引き目にくの字型の顔とは全く違っていて、その彫りの深い顔立ちはともするとはるか西の民のようにも見えます。そして、これがお面としてちゃんと機能するように、目の所や下瞼にのぞき穴が施されていました。昔も今も、面の飾りや形式は変われど、お面としての機能の部分と言うのは変わらないのだなと思いました。

 

4 管楽器、?と笙

 和楽器にそこまで詳しくはないのですが、どこの民族楽器を見ても、クラシックの楽器を見ても、形状こそ異なりますが、管・弦・打はそろっているようです。そしていわゆるクラシックは平均律で調性が長調にもなりますが、民族楽器に関しては、基本的に短調。正倉院宝物の楽器は今でも演奏可能なものがあり、時々会場にその音が流れていますが、例えば笙の織り成す和音は、どれだけ複雑になろうが短調です。それは新旧変わりません。世界のどの地域においても管弦打がそろっている事、それらの出す音が往々にして短調であることそれに気づくと、人が根源的に持っている音楽は短調じゃないのかとさえ思えてきます。(※短調=暗い音楽ではありません)今回展示されている楽器には、奏者と草花、そして音に追うように宙を舞う尾の長い鳥の装飾が施されています。両方とも裏に東大寺と書かれている事から、寺院で使われていたのは容易に想像がつくのですが、これらを含む楽器を奏でる事で、その場を少しでも天上/極楽のような雰囲気にしようとしたのではないかと思えてなりません。

 

5 織模様と縫い模様、大幡残欠と大幡脚

 パッと見ただけでは花の模様のついた長方形の旗で住んでしまうかもしれませんが、よく近づいてみてみると、模様や色の違う布をデザインに合わせて縫い合わせているのがわかります。今でいう所のパッチワークが一番近いような気がしますが、この頃からバイアスで縁取りという今でも縁取り、パイピングをする際に使われる方法がとられていることにまず驚きます。曲線を縁取るのにバイアスに取られた細い布を使っているので、よれやしわ、ツッパリなどがなく、きれいな曲線を描いて縫い付けられています。逆に旗の土台となる地は縦に取られていて、風になびいたらきっと綺麗なドレープを作っていたことでしょう。そして、おもしろいなと思ったのがこの旗を縁取る布がまるでタータンチェックのように少し太めの糸で織られていること。正倉院の織物、染物の類は、今見ても物自体は時間を経ていますが、デザインに古臭さを全然感じないのがいつも面白いです。

 

 

 

Satoko Jul 2017


-------------------------------------------

ペルシャ風の水差し。実物は 第68回正倉院展 (奈良国立博物館)関連ページ

正倉院展 (奈良国立博物館)
その年は東大寺の落慶法要もあり、父と姉についていったことを覚えています。二度目は退職後に夫と行きました。ものすごい人の列で、並ぶのにうんざりし
夕方4時半頃から入場料金が安く 正倉院展 奈良国立博物館
奈良に住んでいる知人によると、開催時期は開館前からすごい行列ができて、観光客も増えて市バスに乗るより歩く方がいい
第68回 正倉院展 (奈良国立博物館)
正倉院展には毎年行くようにしています。特に歴史に詳しいわけではないのですが、あの年代のものが一つ一つ説明付きで非常に状態もよく保管されているのは世界的に見ても
おん祭りと春日信仰の美術
奈良国立博物館の展覧会、おん祭りと春日信仰の美術に関する情報と管理人の個人的な感想
奈良国立博物館での体験 感想 たこみん 40代 女性
奈良国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想と体験
醍醐寺のすべて〜密教のほとけと聖教〜
奈良国立博物館の醍醐寺のすべて〜密教のほとけと聖教〜、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想、体験。
「和紙」特別展
奈良国立博物館の展覧会、「和紙」特別展、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想、体験。
天皇皇后両陛下傘寿記念第66回正倉院展 奈良国立博物館東新館・西新館
数年ぶりに正倉院展に行きました。平日の午前中に博物館を訪れたところ、すでに行列ができており、入館まで20分ほど待ちました。 奈良国立博物館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想、体験。
25年ぶり、2回目の奈良訪問が正倉院展初日でした (奈良国立博物館)
着いたその日が正倉院展(68回)の初日でした。オータムレイトのチケット狙いで、日だけあって人が多く入場制限をかけていたようです、記念品のしおりもいただきました