奈良県立美術館

初めて藤城清治さんの切り絵を見たのは10年くらい前だったでしょうか。テレビで特集をしていたのだとおもいます。何か普通の絵ではない、木の葉の一枚一枚、小人、猫など特別なものに思ってしまいました。その作品を実際に見たいと思うようになりました。関西ではなかなか開催されなくて、機会を待っていました。テレビではその後も何度か放映され、藤城清治さんが80歳をこえてなお活躍されていることにも感動しました。そして今年、夏、奈良の美術館で展覧会が開催されることを知りました。早速友達を誘って見に行きました。素晴らしかったです。画面からメロディーが聞こえてきそうな切り絵。驚いたのは開催される場所に合わせて作品を制作しているということです。雪の室生寺がそれでした。また、テレビでしていた大阪の縮図が見事に完成していました。次は東京の縮図だと聞き、ぜひ行きたいと思っています。92歳になったということですが、心が癒される作品をこれからも作っていただきたいものです。
ピアニッシモ (60代女性) NOV 2016