志賀直哉旧居

1 寺仏閣、博物館だけではない奈良の見どころ

奈良公園を浮見堂のある右に、鹿のいる丘を左に見ながら降りていくと、某有名会社の保養施設なども立つ、少し閑静な住宅街に出ます。志賀直哉旧居は道案内の看板こそありますが、実際のその家は、他の家とたたずまいを異にしているわけではないので、うっかりすると、通り過ぎてしまいそうでした。それくらい周りの家々もいわゆる旧家然としている中にあります。通りから見たその邸宅は私の記憶が正しければ羽振りがよかった志賀直哉氏にしては、オーダーメイド住宅という贅沢こそしていますが、少し控えめに作ったのかしらと思うほど。中に入るとその予想は大いに覆されます。旧居が平家でない時点でそれは気づけたわけですが、中に入ってみると広々空間が機能的にそして贅沢に使われた家でした。

 

2 二階の書斎と干し柿のカーテン

ちょっと狭くて急なのが昔の家らしい階段を上って二階へ上がると、執筆用の書斎があります。和室に肘掛け椅子とシンプルな机で、こういう和と洋の組み合わせがモダンでもありレトロにも見えました。長い時間執筆するのならおそらくこだわった家具ではないでしょうか。そして、机は窓にくっつけられていて、顔をあげるとちょうど庭が見えるようになっています。この配置も、いかに居心地のいい環境で仕事をするか考えた末なのかもしれません。二階は一階に比べると天井もやや低く、私的な空間に思えました。こちらの旧居を訪ねたのが11月だったので、同じ二階の別の部屋には干し柿がカーテンのように吊るされている間もあって、どこかホッとする感覚を覚えました。


-------------------------------------------