岡山県立美術館 展覧会 イベント

友人に誘われ、トーベ・ヤンソン生誕100年記念のムーミン展に行きました。とても感動したのが、アニメなどではなくたくさんの原画が展示してあった事です。細い黒ペンのみで描かれた繊細な描写と表現力、下書きが書いてある原画までたくさんの貴重な作品を見ることが出来て、多くの人々を魅了し続けてきた理由が分かった様な気がします。原画は春夏秋冬と、ムーミン谷の四季によってそれぞれ分けて展示してあり、イメージしながら楽しむことが出来ました。原画なので、所々にペンで書かれた非常に小さなムーミンが歩いていて、それを見つける事に必死になりました。気付けば二時間を過ぎていましたが、小さい頃アニメや絵本で見ていたムーミンとは全然違う新しいムーミンの世界観が伝わってきて、行って良かったと思いました。
By みるきー (30代女性) 2015/6掲載


ムーミン展 岡山県立美術館関連ページ

若冲・琳派と雅の世界 岡山県立美術館
間近に見る画の構図は大変シンプルな物が多く、そのシンプルさの中に芸術を感じさせるのは作者達の技量なんでしょう。芸術家が描いたから芸術なのではなく 岡山県立美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
岡山県立美術館での体験 感想 もっちー 30代 女性
岡山県立美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
光琳を慕う 中村芳中展
岡山県立美術館の光琳を慕う 中村芳中展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談