大原美術館 展覧会 イベント

あこがれの美術館 大原美術館

学生の頃、教科書に載っていた大原美術館に生涯に一度は行って見たいと思っていました。偶然にも岡山に行くことになり念願の夢が叶い、さっそく大原美術館に行きました。ギリシャ風な門の本館には西洋美術の絵がたくさん飾られ堪能しました。また工芸・東洋館の白壁は表の西洋建築とかけ離れ、あまりにも違いすぎて驚きました。本館の裏には庭があり風流なおもむきに、疲れた足を休めながらこころゆくまで浸り、美術館にこれた幸せをかみ締めた一日です。
Byはな(50代女性)記事公開:2015/2


あこがれの美術館 大原美術館関連ページ

エル・グレコを求めて (大原美術館)
大原美術館にある受胎告知は是非見たい作品でした。大阪寄りの兵庫県内に住んでいますので、日帰りでは行きづらく足踏みをしており
大原美術館にエル・グレコの「受胎告知」を見に
モネやピカソやルノワールなど西洋近現代画の巨匠達の作品を中心に多数の美術の名品が展示されているこの美術館の中でも、自分のお目当ての作品は、エル・グレコの「受胎告知」で 岡山県の大原美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
大原美術館で鳥肌の立った作品
授業の一環で大原美術館に訪れたとき、一生忘れられない感動を味わいました。レオン・フレデリックの『万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん』という作品で 岡山県の大原美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金などに関する情報と個人的な感想、体験談
観光がてら大原美術館へ行った
町並みを眺めながら歩いていると、大原美術館のポスターがあり、藤田嗣治の絵が修復されたので展示するとのこと。観光目当てだったので美術館は寄らないつもりでいたのですが