沖縄美ら海水族館

ジンベイザメやオニイトマキエイ(マンタ) イルカショーのオキちゃん劇場、イルカラグーン 世界最大級の大水槽の黒潮の海など77の水槽などなど、沖縄観光で遊びに行ってみたいスポットのひとつだ。

住所・所在地

沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

電話番号

0980-48-3748

開館時間

8:30〜 18:30(夏季は20:00)

休館日

12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

料金

大人
1,850円// 中人(高校生)
1,230円 //
小人(小・中学生)
610円//6歳未満
無料

駐車場

海洋博公園駐車場。全て無料。北ゲート駐車場が便利。

交通アクセス

那覇空港より国道231号線安次嶺交差点右折

〜国道331号から豊見城名嘉地IC 
許田IC〜国道58号〜国道449号〜浦崎交差点左折
〜県道114号〜海洋博公園(約2時間〜3時間)

電車・バス

那覇空港から海洋博公園へバス。約2時間20分-約3時間半
(1)高速バス・一般路線バス利用時は、名護バスターミナルで乗り換え。
(2)やんばる急行バス利用時は、那覇空港より乗り換えなし。
※路線バス・やんばる急行バスとも「記念公園前」で下車。

URL

http://oki-churaumi.jp/index.html


-------------------------------------------

沖縄美ら海水族館記事一覧

沖縄に少ない日程で旅行に行きましたが、天候がいまいちだったのでビーチで楽しむことができず、ツアーに参加して水族館へ行ってみました。ここの巨大水槽は、予想をはるかに超えた驚きと衝撃を与えてくれます。悠々と泳ぐ甚平ザメやマンタの数にも圧倒されてしまいます。水槽と言うより海の中のように見えるので、見ている私達の方が水槽の中にいるようでした。何と言っても、ここでの魅力はこの豪快な眺めの元で食事ができること...

沖縄といえばこのちゅらうみ水族館です。私が感じたほかの水族館との大きな違いは、大型の魚が多いことです。沖縄の海が近いからでしょうか。マンボウは有名ですがそれ以外にもそれクラスの見たこともない大きな魚が多くいました。「でかいな、でかいな」と思っていた最後にあの有名な世界最大のアクリル水槽のジンベイザメでした。水槽の大きさ、ジンベイザメの大きさ。遥か上の方で巨大な魚がぐるぐると回っています。人間ていう...

いわし 30代 女性 4人以上会社の周年記念旅行で初訪問しました。その時は会社のイベントということで水族館を楽しむというより仲の良い同僚とワイワイすることに気を取られてあまりじっくりと館内を見ることができませんでした。5年後、夫とふたりで再訪しました。会社のイベントで訪問した時と水族館そのものが変わったわけではありませんが、結婚してすぐの旅行だったのでふたりで見て回る水族館は景色も楽しさも全然違い...

高校の修学旅行で沖縄へ行きました。その時、美ら海水族館も予定に組み込まれていたのです。水族館自体ほとんど行ったことがなかったため、私はとてもドキドキしていました。どれも全て素敵だったのですが、特に印象的だったのはやはりジンベエザメとマンタが見られる巨大水槽でした。迫力があるのだろうとは思っていましたが、予想以上の威圧感がありました。顔の近くをサメが通過していった時「もし海で遭遇したら間違いなく人間...

沖縄に彼女と旅行をしに行ったとき、楽しみにしていた一つがやはり沖縄美ら海水族館でした。美ら海水族館は那覇空港からとても遠く美ら海水族館に隣接するホテルを予約し、美ら海水族館を訪れました。美ら海水族館ではやはり大水槽にいるジンベエザメが見所です。もちろんジンベエザメも楽しみにしていましたが、もう一つ見てみたいお魚がいました。それがチンアナゴです。東京にある水族館ではあまり見れない沖縄県ならではと言う...

東京に住んでいると時々海が見たくなる。勿論、車や電車で江ノ島や湘南など近場で楽しむことは出来るが、どうも海の本来の美しさがない気がして行くといつもがっかりする。また、子供の頃クラゲに刺されたことがあり、どうも海が苦手だ。しかしだからと言って海が嫌いなわけでは無い。むしろ好きである。あの果てしなくどこまでも続く水平線を見ていると心も落ち着くし、癒される。そこで私が長らく行ってみたいと思っていたのが沖...

初めて沖縄を訪れたときのことでした。やはりかの有名な美ら海水族館にはぜひ行ってみたいと、家族で行ってみました。美ら海水族館といえば、ジンベイザメやイルカのショーなどが有名です。我が家も次々と見て回りました。何を見ても新鮮で、とても楽しく見ていました。しかし、わが家の家族全員がはまってしまったのが、マナティーでした。なぜかマナティーを見始めた途端家族が皆無言になり、うっとり、という表現がぴったりのご...

大学生時代を沖縄県で過ごした影響で、年に2回ぐらいはちゅら海に通っていた。初めてサークルの先輩に連れて行ってもらったとき、チンアナゴの水槽の前で先輩に「このチンアナゴたちは頭が2つで1匹なんだよ。ほら、どれかが頭を伸ばしたらどれかが砂の中に引っ込んでいくでしょう?」とあまりに真面目な顔で教えられたもんだから、すっかり信じ込んでしまったのは若さ故の純粋さだと言い訳をしたいと思う。存分にこの水族館を楽...

美ら海水族館に去年行ってきました。沖縄県なだけあって、沖縄県の魚が沢山いました。美ら海水族館の入場料は大人料金で1850円でした。水族館の中には県魚はもちろん、沖縄を代表する魚から、巨大な水槽にはジンベイザメやその他の魚が沢山いました。また、サメの博物館とかもあったりもして、サメについての知識を深めることもできるのも面白いなと思いました。いろんな水槽で、色んな魚が自由気ままに泳いでいる姿はとても印...

結婚30周年の記念に子供達からのお祝いで、沖縄に主人と二人で行きました。那覇市に着いた後、レンタカーを借り世界遺産を見た次の日美ら水族館に行き、まず規模の大きさにびっくり、水族館までの距離が長くなかなかたどり着けません。やっと中を見れて、ジンベエザメの大きさに二度びっくり、下から見上げてあんな小さなオキアミを沢山食べていたのには驚き、その場所からなかなか立ち去る事ができません。そしてナンヨウマンタ...

今年の夏、沖縄の美ら海水族館に行ってきました。水族館の入口にはジンベイザメのモニュメントがあり、ここで記念撮影しました。水族館の中に入ると沖縄の海の生き物がたくさん出迎えてくれます。初めの方の水槽では係りの方が餌やりの解説をしてくれて興味深かったです。そしてメインイベントの「黒潮の海」というジンベイザメのいる水槽では大きな3匹のジンベイザメが悠々と泳いでいて、その周りを様々な回遊魚が泳いでいる光景...

沖縄に旅行した時、「沖縄と言えば美ら海水族館!」ということで、行ってみました。まず、美ら海水族館は空の玄関、那覇空港から恐ろしく遠いというあまり知られていない欠点があります。高速を使っても、那覇から3時間近くかかると思います。チケットについては沖縄のコンビニ、ホテル等で割引価格で売っているので、そこで買った方がお得です。水族館は大変広く、アクセスの面もあり1日で回れるかどうかかなりいっぱいいっぱい...

沖縄県の美ら海水族館の魅力は、お目当ての魚がいることだと思う。ジンベイザメのようなメインの魚がいることで、水族館に足を運ぶか運ばないかが決まるといってもいいほど、存在は重要だと思う。沖縄なんかは特にそうだ。地元の人ならまだしも、飛行機を使って沖縄に来た人なんかは、近くの水族館でも見れるような魚を誰も見たいと思わない。オリジナリティーを求めている。その点から言うと、美ら海水族館はジンベイザメの他にも...

沖縄美ら海水族館の料金は、大人1,800円、高校生1,200円、小中学生 600円だが、このまま入場するのは悔しい。コンビニエンスストアの店内端末那覇空港の観光案内所などで割引チケットを購入しよう。沖縄県国頭郡本部町

nyankosensei 30代 女性 2人沖縄県北部の本部町にある為、那覇から車で約2〜3時間とややアクセスが大変ですが、行く価値は充分にあります。 何といっても一番の見所は、大水槽でジンベイザメが見られる事です。 時間により、餌付けの様子を見る事も出来ます。 最初見た時は、その大きさや迫力に圧倒されてしまいましたが、とても感動しました。 水族館の中にはレストランやカフェもあり、大水槽を鑑賞しな...

miyamo 40代 女性 2人沖縄に訪れた際には一度はいってみてほしい水族館です。規模もそうですが、自然を活かした建物や雰囲気が沖縄旅行を盛り上げてくれることです。日本最大級のジンベイザメなどの水槽は迫力満点です。ジンベイザメやエイの泳いでいる下から覗けるのも時間を忘れてしまうほど魅了されます。沖縄空港より距離はあるものの期待を裏切らない水族館ですし、子供も大人も時間を忘れて過ごせる場所です。イ...

うちなんちゅー 40代 女性 4人以上沖縄の観光の目玉の一つとしてあげられるのが、この「沖縄美ら海水族館」です。那覇から自動車道に乗って、さらに目的地まで約90分の長旅ではありますが、沖縄の海の浅瀬から深海までの生き物たちを見ることができます。最初に小さな水槽で生き物に触れるコーナーがあって、そこで青いヒトデをさわったりすることができます。進んでいくと、世界最大級の水槽の中にこれまた大きなジンベイ...

たこみん 40代 女性 4人以上私が沖縄美ら海水族館へ行ったのは、出張の時でした。その時同僚たちとこの水族館へ行きました。印象的だったのは、大きな水槽の中のジンベイザメで、何匹かいて「うわっ!大きい!」と思った記憶があります。また、マンタが水槽で悠々泳いでいて、なんだか沖縄だね~!と話したのを覚えています。行った時期がちょうど夏でしかも天気が良かったので、ともかく日差しが強かったです。建物の外に出...

となりのキキ 30代 女性 3人子供の2歳の誕生日に美ら海水族館へ行ってきました。 まず一番の見ごたえは入ってすぐの大水槽です。 自分たちも海の中にいるような感覚を覚え、時間が経つのを忘れるくらいずーっと眺めていることができます。 もちろん2歳の子供もエイやジンベイザメが近くを通るとおおはしゃぎで指をさし喜んでいました。 おすすめスポットはカフェ「オーシャンブルー」です。大水槽を眺めながら軽食やド...

KOKAGE 50代 女性 2人大好きな水族館です。世界最大級の巨大な水槽の向こうにはジンベイザメやマンタやたくさんの魚たちが気持ちよさそうに泳いでいます。熱帯魚のコーナーやサメのコーナーなど施説内はとても広く、サンゴの産卵をシアターで見ることができます。海の見えるレストランもあり、お土産のショップは水族館らしい素敵なグッズでいっぱいでした。水族館のメインゲートの外にもイルカのショーを楽しんだりマ...

bluesea 50代 女性 2人初めて大きな水槽を見たときは、あまりの大きさに圧倒されました。私が好きなのはエイです。泳ぎ方が優雅で、気持ちよさそうに空を飛んでいるように見えて、いつまでも眺めていたい気持ちになりました。水槽を下から眺めることができるアクアルームでは、普段見られない視点から魚を見られて面白かったです。入場券は、道の駅「許田」の「やんばる物産センター」で、少し安く購入しました。一年...

2014年7月19日(土曜日)に開催される年1回の海洋博記念公園で行われる花火大会です。沖縄県最大規模の1万発以上の彩り豊かな花火が上がります。来場予想者数2万人と沖縄県内でも大きなイベントです。美ら海水族館に隣接するエメラルドビーチを使い、県内有名アーティストのコンサートと夜に花火大会をしますので、7月の海の日の連休で沖縄旅行に訪れる方も多いと思いますが、例年周辺道路が大混雑します。深夜まで渋滞...

深海さん 20代 女性去年の夏、夏休みをとって沖縄へ旅行へ行きました。ダイビングが主な目的だったのですが、宿泊をした所から海洋博公園が近いということで、そちらへも足を伸ばしました。海洋博公園内と聞いて、何があるところなんだ?と最初に思ったのですが、色々な施設の集まった公園で一番有名な施設が美ら海水族館だと思います。美ら海水族館も含め、一日楽しめる施設だと思います。遊覧車が出ていますので、園内の移動...

今の旦那と結婚前に行きました。ここのメインはやっぱりジンベエザメが居る水槽ではないでしょうか。ジンベエザメなら大阪の海遊館でも何度も見たし、今さら…と思っていたのですが、水槽が大きい!ジンベエザメが大きい!見たときに思わず『おぉ〜』と声が出ました。1日に何度か餌やりの時間があり、たまたまその時間だったので見てみる事に。餌の食べ方も迫力あり。肺活量で食べてます。しかもジンベエザメが普通の魚のように縦...

私は、3年前に結婚して沖縄県に新婚旅行にいきました。私自身2度目の沖縄でしたが、1度目はあまり観光することができずにあまり満足した旅行とはなりませんでした。そして新婚旅行で絶対行こうと決めていたちゅらうみ水族館に二人でいきました。あまり水族館などは好きなほうではなかったのですが、いざ水族館に入ってみたらその魅力に魅了されていました。ジンベエ鮫のえさやりにイルカショー、そのすべてにとりこになってしま...

2015年夏に初めて沖縄のちゅら海水族館へ行ってきました。3泊四日の予定でしたのでゆったりと過ごすことができるので水族館は半日以上の時間を費やして見学してきました。今まで行ったことのある水族館とは比べものにならないくらいスケールが大きいです!入口にジンベイザメのモニュメントの迫力があり、入館前なのに写真をたくさん撮ったのを覚えています。最初に見たのは浅瀬に住む魚たち、サンゴ、熱帯魚たちでした。魚た...