あべのハルカス美術館・展覧会

超体感型ミュージアムということで子どもを連れて行ってきました。ベビーカーが必要なお子さんからお年寄りまで幅広い年代の人が楽しめる内容になってました。手をかざしただけで光が広がったり、テレビの前に座るだけで自分の姿が映し出され、時間とともに顔に様々な落書きがされたりと、まさに体験しながら楽しめる内容になっていました。私の子供は床の上を歩くとシロフォンが現れ、踏むことによって演奏できる作品や、スポンジを投げ入れると水の波紋が広がったり発泡スチロールの粒が噴射する作品が気に入っていました。どの作品も体験時間がある程度かかるため、混雑時は楽しさが半減してしまいそうですので平日の空いている時間にいくのがお勧めです。
By tukino (30代女性) 2016/2掲載


魔法の美術館(あべのハルカス美術館)関連ページ

期待以上の内容 長谷寺の名宝と十一面観音の信仰 (あべのハルカス)
ガラスケースなんてない。ロープだけ。思い切り近くまで見ることができる。彩色もよくわかる。照明は保護のため暗めにはしているけれど、長谷寺の本堂では、こんなにハッキリ見ることはかなわない。
ピカソ、天才の秘密 (あべのハルカス美術館)
ピカソというとキュビスムと言われる画風のイメージが強かったのですが、今回の展覧会では青の時代前のものも展示してあり、それらは実に写実的で
華麗なる貴族コレクション
大阪府のあべのハルカス美術館。華麗なる貴族コレクション。交通アクセス、駐車場などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミ、評判
東大寺展
大阪府のあべのハルカス美術館。東大寺展
青の時代 バラ色の時代が特に ピカソ、天才の秘密 (あべのハルカス美術館)
今回の「ピカソ、天才の秘密」展は美術館の規模からもそこまで大きな展覧会ではなかったのですが、全体を通じてピカソの生涯における画風の移り変わりが大まかにわかる構成となっており楽しめ
マティスとルオー ―友情50年の物語―は感動できる展覧会 (あべのハルカス美術館)
20世紀のフランスで活躍した、アンリ・マティスとジョルジュ・ルオーというふたりの画家の作品が150点近く展示されていました。日本でも人気の高い画家