大阪府立弥生文化博物館・展覧会

大阪府立弥生文化博物館の基本情報

開館:1991年2月2日
住所:〒594-0083大阪府和泉市池上町4丁目8-27
電話:0725-46-2162
休館日:月曜日(休日の場合は開館、翌火曜日が休館)年末年始(12 月28 日〜1 月4 日)館内整備のため、臨時休館のことも
開館時間:午前9時30分〜午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
料金・入館料:別ページにて詳細に記載。
アクセス交通機関:別ページにて詳細に記載

 

大阪府立弥生文化博物館の事業主体は、大阪府だが、現在の管理運営は、大阪府文化財センターが行っている。指定管理制度の導入も行われたのか、行おうとしているのか。
延床面積は、約4000平米。弥生時代という絞った歴史博物館としては、なかなかのもんだと思う。


大阪府立弥生文化博物館記事一覧

大阪府立弥生文化博物館の料金は、時期によって異なる。特別展期間中 一般:600 円 65 歳以上・高大生[要証明]:400 円企画展期間中 一般:400 円 65 歳以上・高大生[要証明]:300 円常設展のみ期間中 一般:300 円 65 歳以上・高大生[要証明]:200 円20名以上は団体扱いで2割引無料で入館できるのは、中学生以下障がい者手帳を所持者とその介助者1名大阪府内の大学、短期大学、...

大阪府立弥生文化博物館は、大阪府和泉市にある。弥生時代をテーマにした歴史博物館だ。この地で弥生時代の集落が発掘されたことを契機に創建されたのだろう。大阪府立弥生文化博物館は、単独で、田んぼの真ん中や、都市のビル街の一角に建っているというわけじゃない。史跡公園として整備された池上・曽根遺跡の一隅にある。まあ、隅といっても虐待されているということじゃない。一角というべきか、そもそも池上・曽根遺跡は、国...

大阪府立弥生文化博物館に興味を持ったのはさて、管理人が、大阪府立弥生文化博物館に興味を持ったのは、東京国立博物館の弥生時代についての特集陳列がきっかけだ。その際の出品物の多くが、大阪府立弥生文化博物館のものだったのだ。調べてみると、弥生時代の歴史博物館としては、事実上日本でトップだという。ほぉ・・。やるじゃん大阪。大阪ですげぇなぁという美術館は、大坂市立東洋陶磁博物館が筆頭だけども、これも面白いか...

大阪府立弥生文化博物館の展示や設備大阪府立弥生文化博物館の展示品だが、銅鐸、勾玉、鏡、土器などの遺跡出土品はもちろん展示されている。池上遺跡の公園にあるんだからな、これがないとガッカリだ。それだけではなく、各地から集められた弥生文化に関する資料を収集し、研究して、展示も行っている。第1展示室 - 常設展示室第2展示室 - 常設展示室特別展示室卑弥呼の館を中心とする集落の模型、水田模型、弥生犬模型、...

大阪府立弥生文化博物館には、大阪府立近つ飛鳥博物館にも入館できる「年間パスポート」の販売も行われている。年間パスポートの料金だが、一般2,000円65歳以上1300円、高大生1300円になっている。まあ、関東在住の管理人には、大阪府立弥生文化博物館のパスポートは、ちょっと使えないかな。

大阪府立弥生文化博物館では、春秋の企画展を開催するほか、定期的に考古学セミナーなど実施している。常設展示では弥生時代の復元住居や推定復元された卑弥呼の館がある定期的に「やよいミュージアムコンサート」を開催している。どんなコンサートなのかなぁ。

大阪府立弥生文化博物館は国道26号沿いにある公共交通機関だと、JR阪和線 信太山駅下車 徒歩7分、南海本線 松ノ浜駅下車 徒歩18分だという。また、春・秋限定の日・祝祭日には、和泉市内施設循環バスを運行している。

CHIHIROKI 20代 男性 4人以上通っていた小学校のすぐ近くに池上曽根遺跡という弥生時代の遺跡がありました。そして、その当時の文化を学ぶ場所として大阪府立弥生文化博物館がありました。よく友達との待ち合わせ場所などで利用していたのを覚えています。館内のことについては、やはり博物館だけあってなにか堅苦しく、暗い雰囲気がありました。当時は小学生だったのでよくわからない場所だなと思っていました。し...