川越市立博物館 展覧会 イベント

川越線の川越駅を利用した際、川越市立博物館の「川越線―開業75周年・電化30周年―」展のチラシが貼ってありました。そのチラシに電車好きの二男が反応したこと、長男が学校で2月に博物館に行く予定だったことから興味が出て、1月の連休に親子で行ってきました。子供たちはなかなか常設展示には興味を持ちませんでした。しかし、川越祭りの映像には食い入るように見入っていました。また、昔の遊びで遊ぶことができる場所があり、さまざまなこまやけん玉に大興奮でした。うちの子供たちの様子を見た、見学に来ていた年配の方もけん玉やコマであそんだりしてとても盛り上がりました。二男が目当ての川越線の展示は写真や模型でした。子供たちよりも親のほうが懐かしいね、などとじっくり見て帰ってきました。子供たちは昔の遊びが相当気に入ったようで、また行きたいねと何度も行っています。
By かわ (30代女性) 2016/2掲載


川越市立博物館に行ってきました関連ページ

川越市立博物館をのぞいてみた。
入館料は確か大人200円、常設展示を見て回ったが近隣に住んでいるにも拘わらず川越市の古代、石器時代の知識には疎かったのだが[川越のあけぼの 原始・古代]の展示コーナーには興味をひかれ