埼玉県立歴史と民俗の博物館 展覧会 イベント

埼玉県立歴史と民俗の博物館の体験

大宮公園の中にある、落ち着いた雰囲気の博物館です。「歴史と民俗」という名前から古い時代のものばかりをイメージしがちですが、企画展では縄文時代から昭和(戦後)・平成まで幅広いテーマを取り上げています。体験型のイベントが充実しているのも特徴といえます。しかしながら場所がわかりやすいとはいえず、閉館時間も16時30分と早いので、来館者は子供連れの家族やシニアが多いような感じがします。20〜50代の一般の勤労者にもっとアピールするような仕掛けがあってもよいかもしれません。なお氷川神社・二の鳥居の近くには「さいたま市立博物館」がありますが、扱うテーマが似通っていて、住所がどちらも大宮区高鼻町なので、紛らわしいです。


埼玉県立歴史と民俗の博物館の体験 PingPongBooks関連ページ

とにかく疲れた「特別展慈光寺―国宝 法華経一品経を守り伝える古刹」埼玉県立歴史と民俗の博物館
何といっても国宝の法華経一品経です。これは法華経の写経に装飾を施したもので、法華経全体を28本に分けてそれぞれを1巻としています。1巻ごとに意匠や書風が異なり、それぞれに趣が感じられ
先人の知恵と工夫に感動しました。 (埼玉県立歴史と民俗の博物館)
昭和初期の部屋がNHKの朝ドラの如く再現され、糸を紡ぐ歯車を見た時は思わず触りそうにました。他に書籍コーナーや足休めのソファーと充実。昔の玩具が