ボーダレス・アートミュージアムNOーMA 展覧会 イベント

確かテレビでこちらの企画が取り上げられており、以前から興味のある分野だったので京都へのひとり旅のおり、目的のひとつに組み入れて伺いました。近江八幡駅から路線バスで15分ほどで着きます。市内の野間記念館が中心となり周辺の町屋を含め町ぐるみで行っている企画美術展に2015年2月に伺いました。中心の野間記念館ではアドルフヴェルフリの企画展示が行われておりました。平日午後古い古民家を改造した館内はほとんど人がおらず、ヴェルフリの摩訶不思議な冒険譚や楽譜のような絵を眺め、異空間にいるようでした。二階はあまり手を加えていないモダンな古民家のまま、照明も薄暗くかなり雰囲気があります。精神病院に入院中に描かれたという数々の絵をながめ、彼に影響を与えたものはなんだったのかじっくり想像できました。
Written by めき ( 40代女性 ) 掲載:2016/8


NOMAアールブリュット日本2 (NOMAボーダレスアートミュージアム)関連ページ

Timeless感覚は時を越えて
滋賀県のボーダレス・アートミュージアムNOーMAの展覧会、Timeless感覚は時を越えて、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど
日本アール・ブリュット発祥の地 (ボーダレス・アートミュージアムNOMA)
障害をもつ作家作品を長くアウトサイダーと呼んできたが、その呼び方に偏見があるとして、近年それらを「生の芸術」アール・ブリュットと呼ぶ動きになっている