滋賀県の美術館 MIHO MUSEUM

ファインバークコレクション展概要

主催:
公益財団法人東京都歴史文化財団
読売新聞社
美術館連絡協議会

 

協賛:
ライオン
清水建設
大日本印刷
損保ジャパン

 

協力:
全日本空輸
セインズベリー日本藝術研究所

 

監修
小林忠(学習院大学名誉教授)

 

勝手な主張

これは、お勧めしたい展覧会だ。江戸東京博物館の特別展で見たんだけど、MIHO MUSEUMは、常設もかなりいいからな。
行ったことがないなら、足を運んでいいと思う。

 

コレクション全体として上品な雰囲気があるのは、ファインバーグ夫妻の目の確かさを感じさせる。

 

狩野派や土佐派などの保守的な作品がほとんどない。
尾形光琳、酒井抱一らの琳派、
池大雅、与謝蕪村、谷文晁らの文人画
円山応挙、呉春らの円山四条派、
伊藤若冲、曽我蕭白らの奇想派、
菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵

 

数が多く広範囲なので、絞っておかないと、印象が散るかな。管理人の個人の好みで言うが、光琳、抱一、応挙あたりをしっかり見ておくといいかも。

巡回

鳥取県立博物館(鳥取市)
公式:http://site5.tori-info.co.jp/~museum/
680-0011鳥取市東町二丁目124番地
TEL:0857-26-8042(代)
平成25年10月5日(土) 〜11月10日(日)

 

江戸東京博物館(東京都墨田区)
平成25年5月21日(火)〜7月15日(月・祝)
前期:5月21日 〜 6月16日
後期:6月18日 〜 7月15日
130-0015 東京都墨田区横網1?4?1
電話: 03-3626-9974
FAX:06-3626-9950


ファインバーグコレクション 江戸絵画の軌跡関連ページ

JEWELS (MIHO MUSEUM)
今回は「ジュエリー」がテーマです。ムガール帝国とマハラジャの宝石 今まであまり興味がある分野ではありませんでしたが、
バーネット・ニューマン −十字架の道行き― MIHO MUSEUM
「バーネット・ニューマン―十字架の道行き」という抽象画を見にいきました。この作品群は、人間一人ひとりの苦悩をキリスト教的世界観を超越して、表現したものであると感じました。ベージュの背景に描かれた白と黒は、「善」と「悪」を 滋賀県信楽のMIHO MUSEUMの展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
春季特別展「かざり ―信仰と祭りのエネルギー」(MIHO MUSEUM)
信楽の山の中にある冬季は閉館してしまう美術館です。最寄り駅からバスが一時間に一本しか走らないという不便な立地にありますが、建物や風景を見に行くだけでも充分
古代ガラス 色彩の饗宴
滋賀県のMIHO MUSEUMの古代ガラス 色彩の饗宴
江戸の異国万華鏡
滋賀県のMIHO MUSEUMの展覧会、江戸の異国万華鏡。交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
朱漆根来
滋賀県のMIHO MUSEUMの秋季特別展「朱漆根来-中世に咲いた華」。交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想