MIHO MUSEUM

滋賀県の信楽の山の中にある冬季は閉館してしまう美術館です。最寄り駅からバスが一時間に一本しか走らないという不便な立地にありますが、建物や風景を見に行くだけでも充分な価値のある、とてもユニークな美術館です。世界救世教から独立した宗教団体、神慈秀明会の会主・小山美秀子のコレクションを展示するため、1997年(平成9年)11月に開館。美術館は誰でも入れますが、美術館のある敷地は宗教法人の敷地の一部なので、そちらの方は自由には誰でも出入りはできず、信者の方のみが許されているのみですが、充分と一般開放されているところだけでも広く、開放感があるので、楽しめます。宗派として自然農法などに乗っ取っているのでので、体に優しい食べ物が食べれるレストランも併用してありますので、せっかくお出かけの際にはお食事も一緒が良いと思います。
By もっきん (30代女性) 2016/2掲載


春季特別展「かざり ―信仰と祭りのエネルギー」(MIHO MUSEUM)関連ページ

JEWELS (MIHO MUSEUM)
今回は「ジュエリー」がテーマです。ムガール帝国とマハラジャの宝石 今まであまり興味がある分野ではありませんでしたが、
バーネット・ニューマン −十字架の道行き― MIHO MUSEUM
「バーネット・ニューマン―十字架の道行き」という抽象画を見にいきました。この作品群は、人間一人ひとりの苦悩をキリスト教的世界観を超越して、表現したものであると感じました。ベージュの背景に描かれた白と黒は、「善」と「悪」を 滋賀県信楽のMIHO MUSEUMの展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
ファインバーグコレクション 江戸絵画の軌跡
滋賀県のMIHO MUSEUMのファインバーグコレクション 江戸絵画の軌跡
古代ガラス 色彩の饗宴
滋賀県のMIHO MUSEUMの古代ガラス 色彩の饗宴
江戸の異国万華鏡
滋賀県のMIHO MUSEUMの展覧会、江戸の異国万華鏡。交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
朱漆根来
滋賀県のMIHO MUSEUMの秋季特別展「朱漆根来-中世に咲いた華」。交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想