近江かわらミュージアム

2015年2月にこちらのミュージアムの企画室にて展示されたボーダレスアートを拝見するために伺った際の体験です。俯瞰で画面の隅々まで細かく描かれた町の絵や色鮮やかな人物の絵、写真のように全てを写し取った部屋の絵などいつまで見ていてもなぜか飽きない作品群に出会えました。となりの常設展はおうみ瓦の歴史的な展示という珍しいものです。美術館は水路に囲まれており、渡し船が観光客を乗せようと待っています。お値段を聞いたところ、30分二千円ほどだったかと記憶しています。街並みや緑に囲まれたミュージアムの瓦ぶきの建物自体が芸術的で一見の価値があります。ミュージアム周辺には古民家カフェもあり、魅力的なショコラプレートのようなメニューもありました。交通の便がよければ相当混み合うのでは、と思いますが人が少なめな所がかなり高い評価ポイントでした。
Written by めき ( 40代女性 ) 掲載:2016/8