滋賀県の佐川美術館

私は彫刻に全く興味がなかった。美術館は大好きだが、その美術館に必ず展示されている、色の変色した銅像達。変なポーズや変なタイトルだけは気になるが、作品として何とも思えなかった。銅像なんてどれも似たり寄ったりの風景の一部、程度に考えていた。ひどい話である。そんな私の彫刻のイメージを払拭したのが、佐藤忠良の作品だ。作品たちの存在感。ちょっとした圧迫感。等身大というよりは少し大きく感じる、人物の作品。命があるように感じてしまう重厚感もあるけれど、不気味さは不思議とない。いろいろな彫刻を見てきたわけでもないが、銅像なんてどれも同じ、ではなかった。そして、彫刻に対して芸術性を感じ取れたことを嬉しく思う。風景の一部にしか見えていなかった私を佐藤忠良の作品は成長させてくれたと思う。これはきっと実際に見てみないとわからない。佐川美術館に常設されているから、銅像に興味のない人は一度行ってみるべきだと思う。
By myc30代女性 掲載2016/2


佐藤忠良展 (佐川美術館)関連ページ

山下清展 佐川美術館
綺麗な水を張った中に彫刻作品が厳かな雰囲気を醸し出していた。中に入ると山下清展までの通路があり、少しわくわくしながら進むと展示が始まった。山下清の細かい手でちぎって作りあげた貼り絵は 滋賀県の佐川美術館に関する施設の情報と記録
佐川美術館の基本情報
滋賀県の佐川美術館の基本情報と記録