小泉八雲旧居の私的な想い

小泉八雲旧居の私的な想い

旧松江藩士の武家屋敷だったそうですが、むしろ古民家といった感じです。相当古いにもかかわらず、建物も庭も手入れが十分に行き届いているような印象を受けました。近代日本の良さが凝縮されているような感じです。落ち着いた雰囲気の部屋で、庭の草花を時折眺めながら執筆作業をしたら、小泉八雲でなくても、ものすごくはかどるような気がします。あと、執筆が一区切りついた時などに部屋の真ん中で大の字になって寝転がってみたら、きっと気持ちがいいだろうな、と勝手な想像をしてしまいました。

 

By PingPongBooks