浜松科学館

2014年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩さんが、2015年4月に浜松科学館の名誉館長に就任されました。それを記念して、青色発光ダイオード(LED)の原理がわかる展示があるということで見に行きました。中でも、光の三原色を自在に混ぜ合わせて色の変化を確認できるLED展示モデルなどは幼稚園の息子にもわかりやすかったようで、「絵の具を混ぜたら黒くなるのに不思議だねぇ」と驚きながら楽しんでいました。普段は常設展示にブルームカードをかざしてポイントを貯めたり、アニメキャラを採用したプラネタリウムを鑑賞して楽しみますが、今回は世界に影響を与えた偉大な研究に肌で感じることができたので親子共々たいへん勉強になりました。
Written by まめこっこ ( 40代女性 ) 掲載:2016/8