静岡市美術館 展覧会 イベント

静岡市美術館

<

住所・所在地


〒420−0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階

電話番号

054−273−1515

開館時間

10:00〜19:00

休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
年末年始

料金

 

駐車場

近隣あり

交通アクセス

東名静岡ICから15分

電車・バス

JR静岡駅北口より地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道新静岡駅より徒歩5分

興味マーク

 

URL

http://www.shizubi.jp


-------------------------------------------

静岡市美術館記事一覧

2014年4月から先日6月1日まで開催されていた巨匠の眼展にも行ってまいりました。雪国で有名な川端康成が、これだけ様々な収集をしていたこと、そして若いアーティストの青田買い(それも草間彌生の初期作品)までしていたとは知らず、日本を代表する作家の素養をまざまざと見せつけられる、小さいながらに知識欲を触発する展示でした。特に、作家の周囲との交流(手紙)も歴史的背景とともに学ぶことができ、非常に勉強にな...

静岡市美術館は、比較的新しく出来た美術館のため非常にキレイで、開放的な美術館です。今回は法隆寺展を見に母と行きました。何と言っても駅前にあるので、年配の人には有り難いです。おまけに地下道を通れば雨に濡れることもないのも助かります。展示会は比較的ゆったりとしたスペースでゆっくり見学したい人には良い施設です。ミュージアムショップも広く、オシャレなものが多いのもお気に入りです。帰りに駅などでお買いものも...

「だまし絵」でお馴染みのオランダを代表する版画家・マウリッツ・コルネリス・エッシャーの展示会に行ってきました。入場料は大人1000円、大学生・60歳以上の人は700円、中学生は無料で入場できます。私は精神障害手帳を持っていたので無料で入場することが出来ました。最初はエッシャーの師であるサミュエル・イエッスルン・ド・メスキータの写真を見て、エッシャーが如何に師の版画の影響を受けたか、メスキータとの逸...

世界で有名な陶芸家「ルーシー・リー」の没後20年ということで、静岡市美術館で開催された展覧会に行ってきました。ルーシー・リーといえば、独自の文様と繊細な技術で緊張感のある造形ながら暖かみのある色彩をもつ素晴らしい陶芸品を世に生み出しては世界中から高い評価を得ている陶芸家です。イギリスの陶芸家と認知していたのですが、ユダヤ人ということもあり当時戦争の真っただ中で起きた彼女の苦労を知ることも出来ました...

オーストリアうまれの女性陶芸家、ルーシー・リーの回顧展です。今回の展示会は大まかには初期(ウィーン)・形成期(ロンドン)・円熟期と3つに分かれた展示で回顧展にふさわしい内容となっています。茨城・千葉・姫路・郡山・静岡の5か所を巡回して今回は最後の静岡なので既にご覧になった方もいらっしゃるかと思います。以前もルーシー・リー展を見たことがありますが、彼女の作品は色・形に捉われず、どの作品を見てもとても...

物心ついた頃から、今もずっと大好きなアニメーションスタジオ「スタジオジブリ」の、「スタジオジブリ・レイアウト展」を鑑賞しに行きました。細かく指定された色彩設計のナンバリングや、「風の谷のナウシカ」の王蟲の光の部分と影の部分のコントラスト、フレームからはみ出したところまで細かく書き込まれては修正されたあとのある「千と千尋の神隠し」の油屋の全景など、アニメーターたちの努力のあとが垣間見えたような気がし...