静岡市立芹沢_介美術館 展覧会 イベント

染色工芸家、芹沢_介が手掛けた装幀本200冊が並ぶ、めずらしい展覧会です。この展覧会のパンフレットを見つけて手に取った瞬間に「行きたい!」と思いました。パンフレットに載っている本の装幀の、楽しいデザインに惹かれました。まず目につくのが、鮮やかな朱色です。オレンジ色ではなく、朱色です。その朱色を引き立てる、水色・灰色・淡黄色など日本の和の色の組み合わせがとても美しく、楽しいデザインです。そして独特の書体にも魅せられます。芹沢_介のすぐれた文字の造形能力を堪能できます。型染め・肉筆・木版・印伝など手の込んだ多彩な技法・素材・考え抜かれた構成など、楽しい要素があふれています。小さいお子さんから、年配の方まで皆さんで楽しめる展覧会です。
Written by 雫 ( 50代女性 )掲載:2016/8


書物のよそおい ー芹沢_介のブックデザインー (静岡市立芹沢_介美術館)関連ページ

ふるさとへの思いー芹沢_介ー
静岡市立芹沢_介美術館の展覧会、ふるさとへの思いー芹沢_介ー、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど