静岡県立美術館

あまり美術館には行かないのですが、丁度近くに行く用事があって時間が余ったので一人で見学してきました。もともと電車や町中で広告を見かけていて、その時の展覧テーマは少し気になっていました。ディック・ブルーナは「ミッフィー」で有名な画家です。展覧テーマはミッフィーが美術館のまわり方、見方を教えてくれるというコンセプトでした。これなら普段美術館に行かない人や子供も十分楽しめると思います。中にはミッフィーの絵が年代ごとにたくさん飾られています。大人になった今改めて見てみると知らないキャラがいたり少しデザインが違っていたり、新しい発見がありました。また、ディック・ブルーナの描く絵は6色のみで悲しみ・怒り・喜びなどの感情を表現しているというのも、大人になった今だからこそ興味深い情報でした。定期的に展覧テーマは変わるので、また興味を引くテーマがあったら一人でのんびり行きたいと思います。
つなぽ (20代女性) 掲載:2016/10


ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方 (静岡県立美術館)関連ページ

静岡県立美術館内の考える像がある部屋でバイオリン奏者が演奏
室内は、真っ白で上からは、太陽の光が入ってくるようになっており、癒される空間でバイオリンの演奏を聴けるとなったら行くしかない。 静岡県立美術館の展覧会、企画展、イベント、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど
アニマルワールド 美術のなかのどうぶつたち
静岡県立美術館のアニマルワールド 美術のなかのどうぶつたち、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想、体験、口コミなど
美少女展 (静岡県立美術館)
立地としては、坂を登ったようなところにあるのですが、車で行けばなんの不自由もありませんし、周囲は緑が多く、芸術的なオブジェも置かれていて、