宇都宮美術館・展覧会

植物画が 好きなので ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 (宇都宮美術館)は、娘と楽しみにしていました。実際に家族で行ってみると草花やトンボや蝶などの昆虫、きのこ類などの想像以上に精緻な絵画に驚きました。ガレの自然への慈しみと尊敬が感じられる気がしました。またユニークなガラス器のつくり方やデザイン画をたくさん展示していたので制作工程を覗けたようで興味深かったです。ガラス器の色合いも素晴らしくこんな色も出せるのかと思いました。ガレはガラス工房の息子として生まれ、実用品のデザインを手がけていたのがスタートで独特の美しい作品を追求するうちにここまで昇華したということを知り、芸術への愛が通じたのだなと感動しました。幼い娘でも途中、ソファーで休憩しながらゆっくり鑑賞することができ、良い思い出になりました。
Written by ふみお ( 40代女性 )
掲載:2016/8


ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 (宇都宮美術館)関連ページ

夢見るフランス絵画 印象派からエコールド・パリへ(宇都宮美術館)
栃木県の宇都宮美術館の展覧会、企画展、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
宇都宮美術館での体験、意見、感想 20代 女性 2人
宇都宮美術館での体験、意見、感想 20代 女性 2人
レオ・レオニ絵本の仕事展
栃木県の宇都宮美術館のレオ・レオニ絵本の仕事展。交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで (宇都宮美術館)
「ベルギー奇想の系譜展」に行く予定です。この展示には空想の世界を描いた絵画など、不思議な作品がたくさんあるようなので、私の好みにとても合っていると思います。特に、私が一番好きな
マルク・シャガール展 語るシャガール、語られるシャガール (宇都宮美術館)
シャガールの油彩、版画、ポスターおよそ300点の展示でした。シャガールの生い立ちや、画家としての人生、絵に込められたメッセージを事細かに楽しめ