大塚国際美術館 展覧会 イベント

大塚国際美術館

住所・所在地

徳島県鳴門市鳴門町

電話番号

 

開館時間

 

休館日

 

料金

 

駐車場

 

交通アクセス

電車・バス

 

興味マーク

 

URL


大塚国際美術館記事一覧

真っ直ぐな瞳でこちらを見つめるモナリザ、清貧さを描いたミレーの落ち穂拾い、美しい女神を描いたヴィーナスの誕生―― 世界には様々な名画があるものの、その絵の多くはヨーロッパに保管されています。でもそんな名画が、実は一度に大量に見れる場所が日本にはあるんです。それが、徳島県鳴門市にある「大塚国際美術館」です。本州からだと明石海峡大橋を渡り、淡路島を超えた鳴門海峡大橋を渡った先に美術館はあります。徳島を...

本物とレプリカ、どちらを見たいかと聞かれれば、もちろん本物と答えたい。いわゆる名画と呼ばれる多くの絵画もぜひ一度は現地に行って見てみたいと思っていた。しかし実際そのような機会はなかなかなく、雑誌や図録で楽しんでいるのが実情だ。そんな中、大塚国際美術館の存在を知った。西洋の名画1000点以上がオリジナルの陶版で再現されていると言う。展示作品がどれも一度は見た事がある物ばかりで、又すべてが原寸大という...

もともと西洋の宗教・神話・歴史等の絵画を見るのが好きなこと、設立当初に初めて行った時、施設内の膨大な作品数とその作品一点一点の演出の見せ方、そしてなによりその全てが複製作品であり、それを可能にした陶板技術の再現度に感動したこと、「ダヴィンチ・コード」の原作を読んで改めてそれに関する作品を見てみたいと思ったこと。 これらの理由で当時結婚前の主人と一緒に行きました。 主人も私と同じように宗教や神話の絵...

大塚国際美術館での体験 感想 HANAMIN 30代 女性HANAMIN 30代 女性 2人徳島にある大塚国際美術館はもう3回ほど行っています。入館料は3000円を超えるので決して安くはありませんが、一日中いても飽きません。展示してあるのは絵画を陶版に写しているものですが、それでも日本しかも、四国に居ながら名画を見ることができました。今まで行った際に、メインのシスティーナ礼拝堂で将棋の大会をおこな...

柚里 40代 女性 3人ここの特徴は展示品の全てが陶板による原寸大のレプリカ作品であるという事です。古今東西の名画が、レプリカとは言え此処に来れば全て観られるのがお得です。時代を追って古代から中世、現代へと展示が続いていくのですが、かなり広いので歩き易い靴で来られた方が回り易いかと思います。急いで観ても二時間程度は掛かりますし、ゆっくりしていると三時間は掛かってしまいます。食事が出来るのは中にある...

2015年5月に、テレビ番組で知って以来気になっていた大塚国際美術館に、主人と子供をおいて一人で行ってきました。陶器の板に西洋絵画を原寸大で表現した1000点あまりの作品群に、元美術部員の私は大興奮。モナリザやひまわりといった有名どころはもちろん、若いころ教科書で見たお気に入りの絵もいくつもあって、懐かしさがこみあげました。特に印象に残ったのは、受胎告知の絵が何枚もあったこと。何人もの作家がそれだ...

大塚国際美術館は、世界中の絵画を日本に居ながらにして楽しめる点が魅力です。絵画と言っても本物の絵画を展示しているのではなく、陶板技術を用いて再現した絵画を展示しています。絵画は全て原寸大で再現されていました。教科書などで見る絵画や壁画の、実際の大きさを体感することができたのが感動的でした。写真撮影も可能なので、名画と自分とを旅の思い出に保存するのもいいですよ。個人的には、絵画に描かれたワンシーンの...

私が行った事のある大塚国際美術館は結構広く、入場料が高かったです。けどその分あって見どころは沢山ありました。写真撮影ができるというところも魅力的だと思います。勿論フラッシュ等は禁止です。私は両親と姉と行っていたのですが、私は絵画とか好きなのでテンション上がっていました。ですが、絵画にあまり興味のない姉はあまりの広さに疲れ切っていました。私も足がパンパンになったことを覚えています。結構時間に余裕がな...

2016年2月9日放送の「所さんのニッポンの出番! いま世界が喰いつく!ニッポンの美術館ツアー」で初めて大塚国際美術館を知った私は今、この美術館に行きたくてたまりません! この美術館は、あの大塚製薬のグループ会社が創業75周年事業として開設されたそうです。普通の美術館ではないのですが、製薬と関連があるわけでもないようです。 なにが普通の美術館ではないかというと、大塚国際美術館は世界の名画を全て原寸...

世界中の有名な絵画彫刻が作品所蔵の美術館が監修のもと原寸台の陶板画、色あせることなく見ることが出来る。入ってすぐのシスティーナ礼拝堂の大きさに圧巻、そこに描かれているダヴィンチの「最後の審判」の絵の迫力、天井画の一部(陶板1枚分)が置かれている、天井画は湾曲に所に描く為、計算され描かれている、ダヴィンチの天才と言われる所以の一部を見た。スーベニール礼拝堂(金貸商人が自分の死後、天国に行けるよう寄贈...