大塚国際美術館 展覧会 イベント

大塚国際美術館は、世界中の絵画を日本に居ながらにして楽しめる点が魅力です。絵画と言っても本物の絵画を展示しているのではなく、陶板技術を用いて再現した絵画を展示しています。絵画は全て原寸大で再現されていました。教科書などで見る絵画や壁画の、実際の大きさを体感することができたのが感動的でした。写真撮影も可能なので、名画と自分とを旅の思い出に保存するのもいいですよ。個人的には、絵画に描かれたワンシーンの真似をしながら写真を撮るのが楽しかったです。また、陶板で再現した絵画は色褪せることがありません。絵画鑑賞という目的はもちろんのこと、絵画における色の保存の意義や、陶板技術の素晴らしさという観点から見ても勉強になりました。とても大きな美術館なので、館内の飲食店も充実しています。モネの「睡蓮」を再現した池をテラス席で眺めながらティータイムを過ごし、とても優雅なひと時を味わいました。
Written by 咲 ( 20代女性 ) 掲載:2016/8


大塚国際美術館を鑑賞して関連ページ

贋作ばかり!?世界の名画が集まる大塚国際美術館
大塚国際美術館に飾られた絵画は「陶板画」といった陶器にプリントされたものなのです。しかしながら原寸大に複製された絵画は、本で見るのと比べて迫力があり見応え抜群 徳島県の大塚国際美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想と体験
本物とレプリカ、どちらを見たいか(大塚国際美術館)
西洋の名画1000点以上がオリジナルの陶版で再現されていると言う。展示作品がどれも一度は見た事がある物ばかりで、
ダヴィンチ・コードツアー (大塚国際美術館)
当時結婚前の主人と一緒に行きました。 主人も私と同じように宗教や神話の絵画が好きで、最初は本当に複製している物なのだということが信じられなかった様子で
大塚国際美術館での体験 感想 HANAMIN 30代 女性
徳島県の大塚国際美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想と体験
大塚国際美術館での体験 感想 柚里 40代 女性
徳島県の大塚国際美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館などに関する情報と個人的な感想と体験
絵画好き集まれ!大塚国際美術館 (大塚国際美術館)
陶器の板に西洋絵画を原寸大で表現した1000点あまりの作品群に、元美術部員の私は大興奮。モナリザやひまわりといった有名どころはもちろん
写真撮影ができる (大塚国際美術館)
勿論フラッシュ等は禁止です。私は両親と姉と行っていたのですが、私は絵画とか好きなのでテンション上がっていました。ですが、
教科書でよく見るほとんどの名画を鑑賞できる美術館、大塚国際美術館に行きたい!
大塚製薬のグループ会社が創業75周年事業として開設されたそうです。普通の美術館ではないのですが、製薬と関連があるわけでもないようで
大塚国際美術館に行って (大塚国際美術館)
美術館が監修のもと原寸台の陶板画、色あせることなく見ることが出来る。入ってすぐのシスティーナ礼拝堂の大きさに圧巻