21-21DESIGN SIGHT・展覧会・イベント

今までに見たことある!というような雑貨から若い人には初めて見た!というような雑貨や雑貨に関する展示がなされていました。雑貨に関する定義づけや雑貨に関する年表から始まります。入って最初に目に入るのは様々な雑貨を山盛り積んだ荷車です。その奥には心理テストのような診断をしてこれからの家に関するおすすめをしてくれるコーナーがあり、その奥にはいろんな雑貨が勢ぞろいした展示が開かれています。そこでは様々な人が一つのブースを自分たちでデザインし、そのブースの中にいくつもの雑貨を陳列させたりレイアウトさせたりして私たちに見せています。雑貨そのものだけではなく、雑貨を利用したアートや雑貨に関するアートも展示されています。日曜日の午後に訪れましたが比較的空いていました。外国の観光客の方が割と多かった印象です。今後は会期の終わりが近づくにつれ混むと思われるうえ、狭い美術館でもあるので早めの来場をおすすめします。
By もももも (20代女性) 掲載2016/4


雑貨を山盛り積んだ荷車 雑貨展(21_21 DESIGN SIGHT)関連ページ

デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法 (21_21 DESIGN SIGHT)
グラフィックデザイナーの佐藤卓さんが取り組んでいる試みだそうで、日常にあるごく普通の「モノ」を解剖して
企画展「コメ展」
東京六本木の21-21DESIGN SIGHTの企画展「コメ展」、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想