杉並アニメーションミュージアム

今敏回顧展2014

今敏氏が使用していたペン。通常ならペン先を使い分けるが氏は丸ペンしか使っておらず、本来細い線を書くためそれを使い続け太い線を自在に書けるようになるまで育て上げるというのを初めて知った。経過年数ごとのペンがケースにずらりと並んでいた。漫画家時代の原稿も多く展示されており、育てたペンで書いたのだと思うと今までの回顧展で見た原稿とはまた新しく違った印象を受けた。また映画「千年女優」に出てきた映画のポスターのエピソードや元ネタの一覧があり、細かく作品を作り込む方だったのだというのは知っていたけれど改めて驚いた。
By アリカワサトコ30代女性
2015年4月掲載