東京立川市 国営昭和記念公園・展覧会

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

.勿論、国営昭和記念公園は、その名前の通り、公園だ。けっこう広い。
この、美術館・博物館・展覧会のサイトで、わざわざ国営昭和記念公園を取り上げたのは、園内に昭和天皇記念館、花とみどり文化センターなどがあって、けっこう展示をやっているのだ、その他、休憩所でも、写真展をやったりする。

 

そういったことをまとめて、扱うために、公園がメインなんだが、あえて国営昭和記念公園のページを作成している。

 

ところで、あえて白状しておくが、管理人は、こうしてサイトで整理をしようと思うまで、国営昭和記念公園は、国立昭和記念公園だと信じてこんでいた。
サイトの中で間違えて表記しているところが、残っているかもしれない。
正しくは、国立ではなく国営だ。

 

どっちでも、いいじゃん・・・とか思わないでもないのだがw

 


国営昭和記念公園

まあ、とにかく広いわけだ


国営昭和記念公園

地図。


国営昭和記念公園

橋。遠くに奥多摩の山も見える。


国営昭和記念公園

この辺は、まだ無料エリア。奥に広大な有料エリアがある。


国営昭和記念公園

冬になるとイルミネーションも


国営昭和記念公園

エリアによって照明も違う



-------------------------------------------

国営昭和記念公園記事一覧

昭和天皇記念館が開館十周年を迎えることから、昭和天皇の御足跡を写真で振り返ろうという趣旨の企画展です。もはや昭和の時代は遠くなり、昭和の面影を感じられるようなこともほとんどなくなりました。当然、昭和天皇の御足跡を知る人も年々少なくなっています。そんな私も平成生まれのため、昭和天皇は教科書に載っているマッカーサーとの写真しか知りませんでした。今回の企画展では教科書に載るような写真だけではなく、昭和天...

映画「黒部の太陽」写真展。2013/11/2から三船プロモーションと、石原プロモーション。場所は、国営昭和記念公園の砂川休憩所だ。観覧は無料なのだが、そもそも、国営昭和記念公園に入るに、入場料が必要である。大人400円。

東京都立川市の国営昭和記念公園 黄葉&紅葉まつり2013/11/9 - 2013/11/24花びら&葉っぱのアートのインフィオラーターというのも同時開催らしい。これは日本初だとか。それにしても・・・。2013年で開園して30年ということは、昭和が終わる前、平成になる前から、国営昭和記念公園は存在していたんだなぁ。

昭和天皇記念館は、国営昭和記念公園の、花とみどり文化センターと同じ建物だ。042-540-0420

東京都立川市の国営昭和記念公園 花みどり文化センターで開催。中央線の歴史と鉄道模型展。2013/11/9-2013/11/17昭和ファッションギャラリーも。場所は、こもれびの里農家・・・だそうだ。

何度も、国営昭和記念公園には行っているのだが、長い間、こいつが何なのかわかっていなかった。謎をとくべく、近くに行ってみた。どうせ、何かの現代アート系のオブジェだろうと思っていたのだが、実用施設だった。

松川佳代パステル画展北風と太陽と影会場;東京都立川市国営昭和記念公園 花みどり文化センター会期:2013/12/12-2014-1/139:30-16:30この時期、イルミネーションもあるので、夕方、イルミネーションのついでに覗いてみてもいいかも。入場は無料だし。

花とこよみ じんふみ写真展開催期間:2014/1/16-2014/2/23会場:花みどり文化センターギャラリー4.5100点を超える写真

群馬直美展「言の葉葉っぱ暦」会期:2013/12/12-2014/1/13会場:花みどり文化センターギャラリー入場無料

ゆめひろばと、花みどり文化センター

ブルーシクラメン展示会場場所 :国営昭和記念公園花みどり文化センターギャラリー1開催 期間 :2014/1/14-2014/2/23交通アクセス:JR中央線立川駅開館 時間 :9:30-16:30(3月からは17:00)休館日   :観覧 料金 : 無料駐車場   :あり前売割引 :電話 :