東京の美術館・博物館 展覧会 イベント

早稲田の演劇博物館が新たに収蔵する展示品と、今年の干支にちなんだ収蔵品を展示するイベントです。今回見た新収蔵品は第2期にあたり、小沢昭一さんにまつわる品が展示されていました。特に、小沢昭一氏が大学生に向けたアドバイスの言葉が印象に残りました。「大学生は勉強をしなさい。大学で学んだことが世の中で役立たないということはない。大学で学んだことを役立てられないだけだ。」というメッセージは、胸に刻むべき言葉でしょう。しかし、メッセージの最後の「麻雀ばっかりしていると損するゾォー」の一文がユーモラスで小沢氏の人柄が偲ばれます。同時に展示されている能面も、艶めかしいまでの艶やかさを放っており、能面師の入魂ぶりが窺えます。能面をここまで近くで見ることが出来る機会もなかなかありません。近くに来たら、軽く立ち寄りたい気楽なイベントです。
By デビッド (20代男性) 2016/4掲載

 

 

大学の美術館博物館=>

->


早稲田大学演劇博物館2016年新収蔵品新春名品展関連ページ

落語とメディア (早稲田大学坪内博士記念演劇博物館)
「落語とメディア」は落語とメディアの関連に注目して展示を行うという斬新な視点が特徴です。落語は寄席を中心とした文化だと思っていたのですが、
沙翁復興 ― 逍遙からNINAGAWAまで (早稲田大学坪内博士記念演劇博物館)
シェイクスピアを日本がどのように輸入し、そしてどのように世界に発信していったのかを明らかにする、意欲的な特別展となって
中村吉右衛門展 (早稲田大学演劇博物館)
中村吉右衛門が早稲田大学芸術功労者の顕彰を受けたことを記念して、その足跡を明らかにしていく展示です。古典歌舞伎を題材としながらも、現代的に通用する
「あゝ新宿―スペクタクルとしての都市」展 (早稲田大学演劇博物館)
新宿の盛り上がりと若者文化を再考しようという展示会が「あゝ新宿―スペクタクルとしての都市」展です。特に面白いのはその展示の仕方にあります。