科学技術館

サイエンス友の会の正会員と家族会員を対象としたイベントです。小梁修先生のオリジナルキットを使用して正多面体立体パズルを作るというもので、当日は正二十面体、正十二面体の2種類を作りました。オリジナルキットが用意されており、小学校3年生から参加可能ということだったので簡単、簡単とあなどっていましたが、実際には科学技術館のスタッフの方に助けていただき、かなり四苦八苦して作りました。キットには折り目までついていましたが、必ず角がとがるようにきれいに折らないと組み立てたときにきちんとはまらないので気を付けて、という注意の下、厚手の紙の細かい部分まできっちり折るのは本当に大変でした。キットはいくつかのパーツに分かれており、それらを組み立てて正多面体をつくるのですが、組み立てるときにはただ重ね合わせればいいというものではなく、自分で考えながら組み立てるという作業があって、また一苦労。組み立てたという達成感ののち、実はこのパズルの構造を知っていることによって高校数学の問題が解ける等々、数学の奥深い話にもなり、親子とも非常に勉強になったイベントでした。
めぐまま (40代女性) 2017/2掲載


親子deわくわくサイエンス 宇宙の形?正多面体を組立て分解してみよう (科学技術館)関連ページ

ワクエコ・カーモデラー教室
東京千代田区の科学技術館のワクエコ・カーモデラー教室、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想
ブロックロボット・プログラミング体験イベント (科学技術館)
アーテックのブロックロボットを専用ソフトでプログラミングし、自分の思い通りに動かして楽しむ、というものでしたが、1時間という短い時間だったためか、ロボットは既に組み立て済み、専用ソフトも
科学技術館FOREST(フォレスト)コーナー
このフォレストコーナーは特にワクワクする体験型ゾーンです。上野の東京国立博物館も素晴らしいのですが、いかんせん土日は人が多く