東京芸術大学 美術館 展覧会

東京芸術大学

東京芸術大学美術館

住所・所在地

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

電話番号

050-5525-2200

開館時間

 

休館日

展覧会の開催会期以外は閉館しております。
事前に確認を!

料金

展覧によって異なります。

駐車場

なし

交通アクセス

電車・バス

JR上野駅(公園口)東京メトロ千代田線根津駅
1番出口から徒歩10分
京成上野駅(正面口)東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅
7番出口から徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」
(東京芸術大学経由)で4分
停留所「東京芸術大学」下車

興味マーク

URL

http://www.geidai.ac.jp/museum/

 


東京芸術大学

東京芸術大学というだけあって、美術館での特別展、企画展だけではなく、いろいろな展示を行っている。
写真は芸大アートプラザ(GEIDAI ART PLAZA)だが、図書館、正木記念館、陳列館など、入場無料の展示があって、けっこう興味をそそられるものも多い。
さすが、芸大というか何というか。


芸大の美術館

東京都美術館の近くで見つけた芸大美術館の案内


身近に、芸大の卒業生がいて、何かの折に、いわゆる文化祭に付き合った。
最近は、あんまり大学の文化祭って、その大学らしさがないように思うな。
どこも同じに見える。非常識すぎても困るけど。

 

それはそれとして、芸大の美術館や各所の施設では、面白い企画展をやっていると思う。


-------------------------------------------

東京芸術大学 美術館記事一覧

せっかく買った前売り券を無駄にしたくないと思って、会期終了間際になんとか時間を作って行ってきました。東京藝術大学大学美術館へ行くのは今回初めてですが、まず「駅から近くない」と感じました。上野駅からも根津駅からも歩いて10分はかかると思います。気温が30度を超える日にこれだけ歩くのはきつかったです。美術館については、大学の美術館の割にはかなり広い、という印象があります。大学の美術館というと、展示スペ...

私は芸術について、特に学んだことはありませんが、美術作品にふれるのが好きです。学生の頃、初めてシャガールの絵を観たときに、その色と浮遊感に惹かれました。平日の日中のせいか、わりと閑散としていて、近づいて色のグラデーションを楽しんだり、「自分の位置」から作品に見とれたり、「やっぱりもう1回」と戻ってみたり、と自由に作品にふれることができました。特に印象的だったのが、「緑色の恋人たち」でした。深い深い...

会期 2013/7/7 まで一般 1500円 大学高校生 1000円 中学生以下無料夏目漱石の作品に登場する画家などの作品を集めた展覧会。伊藤若冲、黒田清輝、ターナー、ミレーなど。漱石自身の絵も提示されている。美術よりも夏目漱石、日本文学に関心のある方の拝観を多いだろうと思う。夏目漱石が美術というものついてどう考えていたのか。それを問いかける意欲的な企画展だと思う。この辺は、なんというかさすが芸大...

シャガール展のおみやげで喜ばれたのは、朝日新聞の「シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い 記念号外」でした。1面は、「幻想の世界 原点たどる」という見出しとともに、紙面の3分の2にわたって、8枚の作品がカラーで紹介されています。今回の展覧会がシャガールの作品とロシア作品を同時に紹介したいという趣旨であるため、2作品はロシア作家のものです。2面は、「孤高の画家 願った競演」という大きな見出し...

会期:2013/9/3-2013/11/24前売り券 一般1300円

会期:2014/4/26-2014/6/22場所:東京芸術大学美術館開館時間:10:00-17:00東日本大震災から三年、新潟中越地震から10年復興を祈念し、仙台と新潟でも開催される。東京の会場では、国宝吉祥天立像、毘沙門天立像が出る。

高野辰之展東京芸術大学付属図書館資料展唱歌「ふるさと」の原点をたずねて会期:2013/10/21-2013/11/16-->11/22まで延長入館料:無料東京芸術大学の付属図書館2Fでやっている。大学の美術館・博物館・記念館ブログ(大学の美術館・博物館のすすめ)

芸術の散歩道は、上野公園の中にある。芸大の学生による卒業作品なんだそうだ。管理人のコメントは、好き嫌いでしかないので。その作品の価値を表すものじゃないですよ、念のため。

会期:2013/11/12-2013/11/24会場;東京芸術大学 正木記念館上野の東京芸術大学 正木記念館の平櫛田中コレクション展を見てきたのは、まったくの偶然だ。別の目的で、芸大に行って、たまたまこの立札、案内を見つけたのだ。管理人は、平櫛田中は好きな彫刻家のひとりだ。あんまり現代の作家とか好きなほうではないのだが、例外的にいいなぁと素直に思える作品が多い。東京小平にある田中博物館(・・・だっ...

会期;2013/11/14-2013/11/26会場:東京芸術大学美術館陳列館入場無料今回は、この展示を目的に東京芸術大学にいったわけじゃないんだが。

会期:2014/1/6-2014/1/19上野 東京芸術大学の関係者なんだろう、教授かな?「佐藤一郎」入館料:無料原則、10:00-17:00だが2014/1/9は19:00まで

国立博物館で開いていた、黄金のアフガニスタン展を見た後に、行ってきました。何年か前にタリバンによって、バーミヤンの大仏が破壊され、大きなショックを受けた方も多いでしょう。その大仏の壁画や、大仏の周辺にある窟の壁画が、日本で保護、修復され、母国への帰還のチャンスを待っていたのです。その流出文化財87点が展示されました。もう見ることはできないと思っていたものを目の前にすることができて、とても感動しまし...

東京国立博物館で開催されている黄金のアフガニスタンと同時に開催されている企画展です。東京国立博物館に展示されている日本で管理している流出文化財の残り全部がこちらに展示されています。黄金のアフガニスタンは明るく華やかで綺羅びやかな展示ですが、藝大の方は対照的にその影の部分をクローズアップしたような展示になっています。文化財の流出や破壊された背景についての映像が流され、アフガニスタンがいかに過酷であっ...