スヌーピ ミュージアム

東京にできたスヌーピーミュージアムへ一度行ってみたかったのですが、ついにその日が来ました。事前にインターネットでミュージアムグッズを調べて、絶対にお弁当を入れるバックだけは買って帰ってこようと決めました。3日前までにチケットを購入すると、200円割引で来場することができるのですが、私はうっかりしていて当日券となりました。六本木駅から歩いて、坂道を登っていくと、ふいにスヌーピーたちが現れました。建物の外観を見るだけでも嬉しくなりました。入場する前に、スヌーピーと一緒に写真撮影をする方が多かったです。私だけでなく、ここに集まっている人、みんなスヌーピーが大好きなんだなぁと微笑ましくなりました。事前にチケットを購入していなかったものの、すぐに入場することができました。チケットにはスヌーピーのマンガがのっていて、とっても可愛かったです。入場する前から、もうスヌーピーの世界に入った気持ちになりました。一番初めの会場では、写真撮影も可能でした。こんなに撮ってどうするのかと思うくらい、たくさん写真を撮りました。今回の展示は「愛しのピーナッツ。」。スヌーピー大好きな著名人のコメントが紹介されていました。その中には、この人もスヌーピー好きだったのかと、少し驚いた方もいました。でも同じスヌーピー好きだと思うと、妙に親近感が湧いてきてしまいました。私がスヌーピーで好きな場面と同じところが好きという方もいて、嬉しくなりました。このほかにも、スヌーピーの原画が紹介されていました。読んでいくとスヌーピーは可愛いのに、本当に面白くって、奥が深くて、ますますスヌーピーが大好きになってしまいました。会場には同じスヌーピー好きが集まっていて、思わず「可愛い!」と言っている人もいました。自由な雰囲気でスヌーピーを見ることができるので、スヌーピー好きにはたまらない、本当に楽しい空間でした。心躍りながら、ミュージアムショップへ。ミュージアムショップ全部がスヌーピー一色で、すべてが欲しくなってしまいました。もちろんすべてなんて買うのは無理なのですが…。お弁当を入れようと思っていたバックやハンカチをはじめ、ポストカードなどを買いました。しっかり大人買いしてしまいました。ショップを後にすると、カフェに入るための行列ができていました。カフェに入ってみたいと思っていたのですが、時間に余裕がなかったので次回入りたいと思って、ミュージアムを後にしました。次回の展覧会は、スヌーピーの魅力のすべてを紹介するそうなので、また行ってこようと思っています。スヌーピー大好きな人には、ぜひ行ってもらいたいミュージアムです。
By HANA


オープン記念展「愛しのピーナッツ。」 スヌーピ ミュージアム関連ページ

スヌーピーがいっぱい (Snoopy Museum Tokyo オープン記念展 愛しのピーナッツ)
六本木駅か麻布十番駅から徒歩で、麻布の高級住宅街の一角にあります。スヌーピー好きな人にはたまならいミュージアムです。チケットは前売りの日時指定の予約制になっており
ピーナッツの世界へ!スヌーピーミュージアム (スヌーピーミュージアム)
麻布十番駅から徒歩約10分程度、閑静な場所にこのミュージアムはあります。まずミュージアムにつくとスヌーピーのモニュメントが迎えてくれ
SNOOPY MUSEUM TOKYO オープニング記念展「愛しのピーナッツ」 (SNOOPY MUSEUM TOKYO)
スヌーピー好きの友人二人と出かけました。当日券は混雑具合による、ということで前売券を購入、6月の平日昼間だったためか、そこまでの混雑ではな