旧前田家本邸(洋館)

第16代当主前田利為侯爵の長女が著書『お嬢さま御用達読本』中のモノクロ写真が現存する素晴らしさに感動しました。楽しみだったのは長女の居室と階段室に御夫妻の寝室です。昭和4年建立から積み重ねられた時間が、階段の手摺りや明り取りの窓に風格と気品を醸しているので手を触れて指紋を付けるのが烏滸がましくらい。紅い絨毯が敷かれた階段を一歩ずつ上る自分が一瞬、貴婦人になった錯覚をしてしまう…正に想像の宝庫。長女の居室では侯爵令嬢が暮らした雰囲気や空気を感じました。家具調度品は置いてないものの、ドアや窓にワインの様な風合いを与えています。御夫妻の寝室には夫人愛用の鏡台とダブルベッドが置かれてたのは嬉しい誤算でした。鏡台は写真と同位置でしたので今にも夫人が現れる様。あの鏡台は私の脳裏に焼き付いたままです。他の部屋は何も無い空間でしたし、御夫妻の寝室も同様と思っていましたから本当に感謝したいですね。
Written by 子猫の尻尾 ( 50代女性 )掲載:2016/8


-------------------------------------------