六本木ヒルズ展望台

アベンジャーズの公開以来日本でも年々知名度の上がってきているマーベルの世界を、アメリカン・コミックの歴史とともに紹介する企画展。六本木ヒルズでの開催ということであまり期待はしていなかったのだが、マーベルだけでなくDCも含めた、アメリカの時代の移り変わりとコミックシーンの変化を分かりやすく展示してくれていて良かった。入ってすぐの場所にあった巨大なハルクバスターは壮観。展示品は年表、当時物のコミック、原画、立体物、映画で使用された衣装やプロップなど。スパイダーマン:ホームカミングとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの公開前のためかこの2作品が大きく扱われていた。アベンジャーズも多い。アイアンマンの歴代スーツが六本木からの眺望を背景に並んでいるのは、映画の世界に入ったようで楽しかった。撮影可能なエリアがあるのもファンには嬉しい。
ももすけ (30代女性)


-------------------------------------------

マーベル展 時代が創造したヒーローの世界 (六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 東京都港区)関連ページ

六本木ヒルズ展望台
リカちゃん人形など、5種類の人形の展示会でした。私がこの展覧会に行こうと思ったのは、スーパードルフィーという人形のファンだったからで 東京六本木の森アーツセンターギャラリーの展覧会、企画展、交通アクセス、開館時間、休館日、料金などに関する情報と個人的な感想
美少女戦士セーラムーン展(六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー)
学校終わりに友達が何人か集まると「セーラムーンごっこ」が始まるほどでした。それからはや20年以上経ち記念プロジェクトが続々と続く中で、
セーラームーン展 (六本木ヒルズ展望台)
10:00会場で15分前には既に長い列をなしていた。セーラームーン世代の30代女性ばかりである。31歳の私も小学生高学年で毎週土曜のアニメを楽しみに
大きなアイアンマンがあなたを待っています (六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)
平日の10時過ぎに行きましたが空いていてゆっくり展示を見る事ができ良かったです。1番最初に出迎えてくれたのは大きなアイアンマン大きかったのでとても迫力