東京都千代田区の昭和館・展覧会

友人と二人で行きました。とても大きな建物ですぐにわかります。入り口からはいると、係の女性が親切にエレベーターまで案内してくれました。常設展示では、いわゆる赤紙や寄せ書きのある国旗などの実物が展示されており、出征された兵士たちを身近に感じました。また、当時の政府による戦意高揚のスローガンを掲げたポスターや女性たちが使っていた小物などもあり、戦時中の生活を伺い知ることができます。黒いカーテンで仕切った小部屋での空襲体験は、音と振動もあり、その怖さを実感できました。戦後復興の展示では、炊飯器やテレビ等の家電製品が並べられ、日本人の生活が徐々に豊かになっていく過程を感じることができました。全体的にガラスケースで見るだけの展示ではなく、体験と実物に触れて実感できる満足度の高い施設だと思いました。
By きつね柴50代男性 掲載2016/2


戦中戦後の暮らしが体感できる昭和館関連ページ

ララ物資 〜太平洋を渡って差しのべられた救いの手〜 (昭和館)
昭和館ではこのララ物資に関する展示が行われています。実は昭和館に訪れるまでララ物資が何なのか分からなかったのですが、終戦直後の荒廃した日本の
戦前-戦後の「お正月」と「雛祭り」
東京都千代田区 昭和館の展覧会・企画展の記録と管理人の個人的な感想戦前-戦後の「お正月」と「雛祭り」
写真展「GHQカメラマンが見た戦後の日本ー復興に向けて働く人々」
東京都千代田区 昭和館の写真展「GHQカメラマンが見た戦後の日本ー復興に向けて働く人々」
昭和館の概要
東京都千代田区 昭和館について