東京都千代田区の昭和館・展覧会

終戦直後の極度の貧困であえぐ日本に救いの手が差し伸べられました。それが日本への支援物資事業、通称ララ物資です。昭和館ではこのララ物資に関する展示が行われています。実は昭和館に訪れるまでララ物資が何なのか分からなかったのですが、終戦直後の荒廃した日本の写真を見て当時の貧困状態が並々ならぬものであったことを知り、ララ物資を受け取った人々の安堵の表情を見て「戦後日本の復興はララ物資によるのではないか」とさえ感じられました。困窮状態の日本人にアメリカからの食糧や衣服はどれほどうれしいものだったかは容易に想像がつくでしょう。パネルだけの地味な展示ではありますが、戦後からの復興を手助けした貴重な支援活動として、ララ物資は日本人が知らなければいけないことだと思います。
神楽 (20代男性) DEC 2016


ララ物資 〜太平洋を渡って差しのべられた救いの手〜 (昭和館)関連ページ

戦前-戦後の「お正月」と「雛祭り」
東京都千代田区 昭和館の展覧会・企画展の記録と管理人の個人的な感想戦前-戦後の「お正月」と「雛祭り」
写真展「GHQカメラマンが見た戦後の日本ー復興に向けて働く人々」
東京都千代田区 昭和館の写真展「GHQカメラマンが見た戦後の日本ー復興に向けて働く人々」
戦中戦後の暮らしが体感できる昭和館
常設展示では、いわゆる赤紙や寄せ書きのある国旗などの実物が展示されており、出征された兵士たちを身近に。ガラスケースで見るだけの展示ではなく、体験と実物に触れて実感できる満足度の高い施設
昭和館の概要
東京都千代田区 昭和館について