東京の美術館・博物館 展覧会 イベント

漫画の原稿を主体にした展覧会です。「描いて描いて描きまくる」という副題の通り、おびただしい数の原稿が展示されていました。作者が実際に描いた中のごく一部だとは思いますが、十分に、それどころか圧倒されるくらいに見応えがあります。中でも圧巻だったのは、『MONSTER』の単行本1冊分の原稿展示です。単行本で読むのとは違った迫力がありました。また他の作品についても1話分の原稿が展示してあり、読んでいてとにかく面白かったです。さらに鉛筆で描いたラフスケッチや構想メモは、作品の裏側が垣間見えるようでした。浦沢氏が小学生のころにノートに描いた漫画も展示されていて、そのころから「描いて描いて描きまく」って現在の浦沢氏がある、ということがよくわかります。

 

By あおきリサ 掲載2016/4


描いて描いて描きまくって現在の浦沢氏が「浦沢直樹展」世田谷文学館関連ページ

下描きの方がかっこよく 浦沢直樹展 (世田谷文学館)
完成した原稿よりもさらっと描かれた下描きの方がかっこよく人間味があり鉛筆の動きが感じとられました。また科目ごとのファイルンに先生の似顔絵が描かれた学生時代のノート
岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ 世田谷文学館
3月中旬の、雨の日に夫と観に行ってきました。私も夫も、彼女が精力的に活動している時代は高校〜美大在学中で、作品に出てくる人物、時代に青春時代をシンクロして感慨深く 東京の世田谷文学館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想
「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」世田谷文学館
岡崎京子は1980年代の東京を、ある視点から見事に描写しているなあ」と感心させられ 東京の世田谷文学館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想
世田谷文学館 閑静な住宅地の一角
、閑静な住宅地の一角にあります。周囲には大きな公園やコンサートホール、他の美術館、博物館などがなく、文学館は住宅の中に溶け込んでいて、隠れ家のような雰囲気が感じられます。 東京の世田谷文学館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想