旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

鉄道博物館の収蔵資料の中から、オレンジカード(旧国鉄、民営化後はJRが発売していた、自動販売機で切符を購入するためのプリペイドカード)と食堂車で使用した食器、蒸気機関車の図面などが展示されていました。入場無料ということもあり、たくさんの人がふらりと立ち寄っては適当に展示品を見ていく、といった感じでした。来場者の年齢層は、未就学児から高齢者まで幅広かったです。
展示の中心は、やはりオレンジカードでしょう。ブルートレイン、特急列車、臨時列車、新幹線など、実にさまざまなデザインのカードがあって、見ているだけで面白かったです。ブルートレインのオレンジカードを見ていると、懐かしさを感じるとともに、一度は乗っておけばよかったと思います。またディーゼル機関車がけん引するブルートレインは、関東では見ることがなかったため、珍しいものを見せていただいたような気がします。
個人的に興味深く思ったのは、展示されていたポスターに載っていた、埼京線新宿駅開業記念のオレンジカードです。カードには、新宿御苑から武蔵一宮氷川神社まで沿線の名所が描かれています。こどもの国(戸田公園駅下車)など、あまり知られていない場所が載っているあたりに、意表を突かれたような気がしました。デザインを考案した人に脱帽です。
Lisa Aoki


-------------------------------------------

オレンジカードは見ていて面白い 「鉄道博物館 収蔵資料展」旧新橋停車場 鉄道歴史展示室(東京都港区)関連ページ

第35回企画展「にほんのうたと鉄道」
第35回企画展「にほんのうたと鉄道」 東京の旧新橋停車場 鉄道歴史展示室の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と個人的な感想