石洞美術館

石洞美術館

公益財団法人美術工芸振興佐藤基金 石洞美術館

住所・所在地

東京都足立区千住橋戸町23番地 

電話番号

03-3888-7520

開館時間

午前10:00-午後5:00

休館日

月曜その他臨時に休館することがあります

料金

入館料 大人¥500 学生¥300
※小学生以下(要引率者)、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は無料。

駐車場

交通アクセス

電車・バス
  • 京成線「千住大橋」駅より徒歩3分
  • 「北千住」駅西口よりコミュニティバス「はるかぜ」5号(北千住駅西側地域循環)にて千住大橋駅まで7分、下車後徒歩3分

URL

http://sekido-museum.jp/


石洞美術館記事一覧

「石洞美術館」に行ってきました。はじめて行く美術館です。京成線の千住大橋駅で降りますが、この駅で降りるのもはじめてです。千住橋戸町は閑静で落ち着いた雰囲気でしたし、駅前にはポンテポルタ千住という大きくてきれいなショッピングセンターもあって、はじめて行っても安心して過ごせる所でした。美術館は千住金属工業株式会社の本社ビルの敷地内にあります。銅板葺きおろしの屋根に、煉瓦タイル貼の平面六角形の造りの美術...

石洞美術館で開催されたマイセン展の最終回は、シノワズリ陶器や日本の柿右衛門写しを中心に紹介。マイセンのなかでも長年愛されてきた虎と竹をモチーフにした「色絵竹虎文飾り皿」は、各時代毎の作品を紹介。時代により虎の表情の違い(たとえば非常に厳しい獣の顔の時代もあれば、どこか間抜けたキャラクターのような表情の虎もあり…)を見られるのも面白い。訪問当日は雨の日曜日で館内には5名程度だったが、ほの暗くとても静...

17世紀半ば以前に作られた、「初期伊万里」と呼ばれる伊万里焼の作品の展覧会です。展示作品は白地に青で絵付けをしたものがほとんどです。古い時期のものから時系列的に展示されていて、30〜40年くらいの間に作風が少しずつ変化していく様子が感じられました。1610年代頃の作品は中国の影響を強く受けているような感じがしましたが、1640年代頃になると中国の影響が薄れて、日本らしさが出てきたような印象を受けま...