東京のブリジストン美術館・展覧会

今回の美術展へは、普段絵を描くことが大好きな小学校4年の孫娘と出かけてきました。本物の絵を観たことのない彼女に感性で感じてもらえたら、と。ブリジストン美術館は5月18日よりビル新築工事のため、数年の休館になるとかで良い機会でした。展示されていたのは、誰もが1度は目にしたことのありそうな絵画や彫刻品ばかりでした。ちなみに私は「ピカソ」目当てで、輪郭線をくっきり表す作品はインパクトがありました。孫娘の彼女は「ルノワール」。柔らかい印象が気に入ったみたいです。本物を沢山観て、感性の芽を育ててくれればと思いながら、又チャンスがあれば2人で出かけようと思います。
By syunawan50代女性
2015年4月掲載


小学校4年の孫娘と ベスト・オブ・ザ・ベスト ブリジストン美術館関連ページ

カイユボット展
東京都のブリジストン美術館 カイユボット展の情報と記録
画家の眼、彫刻家の手
東京都のブリジストン美術館の展覧会「画家の眼、彫刻家の手」、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで
東京都のブリジストン美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
ベスト・オブ・ザ・ベスト ブリヂストン美術館
「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」が見たくて、行ってきました。絵本でしか見たことが 東京都のブリジストン美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想