ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで

ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで

2012年に「ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで」を見に行きました。ドビュッシーの生涯や曲に焦点を当てた展覧会なのかと期待していたら、実はドビュッシーが作曲する上で影響を受けた美術作品の展覧会でした。企画そのものは面白かったと思います。「ドビュッシーはこうした美術作品から影響を受けたのか」というのが大まかにわかるような構成でした。しかしながら、せっかく「ドビュッシー」と銘打っているのですから、曲と美術作品とのつながりをもっと詳しく、明確にわかるようにするための工夫があってもよかったのではないかと思いました。スペースの都合上、難しかったかもしれませんが…。企画展を見た後に常設展も見ましたが、常設展の方が明るく広々としていたので、妙な解放感に浸ってしまいました。ブリヂストン美術館は古くからあるオフィス街の一角にあり、伝統を感じさせる落ち着いた雰囲気がありますが、展示スペースが限られているので、テーマをかなり絞り込んだ企画に向いているような感じがします。

 

By PingPongBook


ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで関連ページ

小学校4年の孫娘と ベスト・オブ・ザ・ベスト ブリジストン美術館
本物の絵を観たことのない彼女に感性で感じてもらえたら、と。ブリジストン美術館は5月18日よりビル新築工事のため、数年の休館になるとか 東京都のブリジストン美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
カイユボット展
東京都のブリジストン美術館 カイユボット展の情報と記録
画家の眼、彫刻家の手
東京都のブリジストン美術館の展覧会「画家の眼、彫刻家の手」、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想
ベスト・オブ・ザ・ベスト ブリヂストン美術館
「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」が見たくて、行ってきました。絵本でしか見たことが 東京都のブリジストン美術館の展覧会、イベント、交通アクセス、開館時間、休館、料金、駐車場などに関する情報と管理人の個人的な感想